DASHもビットコインと同じ動きで上昇。今後の値動きは?

      2018/04/26


仮想通貨の1年レンジでの値動きを眺めていて気付きました。ビットコインと同じくずっと上昇トレンドの通貨が2つあること。

一つが以前紹介したLitecoin(LTC)。
Litecoin(LTC)がビットコインと同じ動きで上昇。今後の値動きは?

もう一つが今回紹介するDash(DASH)です

ビットコインとの共通点は、2017年12月までずっと一本調子で上昇が続いているところ。
下の1年レンジのチャートは、順にビットコイン、Dash、Litecoinです。

他の通貨は2017年5月と8月にピークがあり、それをなかなか超えられません。例えば下記はNEM(XEM)。5・8月のピークがそびえています。

 

さて、Bitcoinと合わせて上り調子のDashですが、Litecoinと同じくこれまで興味がなくほとんど知識がなかったので、この機会に調べてみました。
また今後の値動きを予測します。

 

Dashは匿名性の高いコイン

ざっくり言うと、Dashは「匿名性が高い」「取引スピードが早い」仮想通貨です。

ちなみに、以前の名前はなんと「Darkcoin(ダークコイン)」。ちょっと興味をそそられる名前ですが、さすがに印象が悪すぎますね

Dashでは、送金者と、受取者の間にプールを作ることで、誰から誰に送ったか分からなくしています。

また取引は1秒程度で完了するとのこと。ビットコインでは分単位で時間がかかることがあるので、かなり高速と言えます。

英語ですが公式サイトの解説動画です。スピードが早く安全というイメージですね。

 

Dashの今後

まず、2017年の値上がりは、上記のようなビットコインとの差別化(匿名性、速度)が評価されたことと、各国の取引所に上場したことにあると考えます。

上場したのは
香港の取引所:okex.com
シンガポールの取引所:Huobi.Pro

 

次に今後について。
Dash自体が普及していくかを予測するのはとても難しい、というかじぶんには(誰にも?)無理ですが、価格の動きについて、ビットコインと比較して考えてみます。

じぶんは、2018年もDashはビットコインと同等の値上がりをしていく、と思います。

理由は1つ。取引の早さによるリアル店舗への拡大、です。

Dashもビットコインも同じ「決済」のための通貨ですが、取引に10分間もかかるビットコインより、数秒で取引が終わるDashの方が便利なのは当たり前です。
特にネットではなく、リアル店舗で買い物をするときには、支払いに10分も待てませんよね。スピードのお陰で、海外ではDashで買える自動販売機があるそうです。

そう考えると、今後リアル店舗への進出に時間がかかりそうなビットコインより、Dashの方が早く街のお店で使えるようになりそう。

ビットコインはハードフォークを繰り返し、その期待から値上がりを続けると考えますが、Dashはフォークなしでも、取引の早さという優位性から、それに追いつくように成長し続けるのではないかと考えます。

 

さて1年後の価格はどうなっているでしょうか。2017年12月7日時点の値段は8万円です。



こちらの記事もおススメ:

仮想通貨にかかる税金をいちばん簡単に解説。確定申告が不要なこともありえます

 

 

ビットコインゴールドの付与はいつ?そうしている間にシルバー、ダイヤモンド、そしてスーパーが生まれる?

Litecoin(LTC)がビットコインと同じ動きで上昇。今後の値動きは?

2017/12/2 ビットコインが反騰。今後の値動きは?

仮想通貨が爆下げ⇒上昇⇒爆下げ。どう身を守るか?

ビットコインが1万ドル突破。今後の値動きを予想する