仮想通貨

配布が始まったCOMSAトークン(CMS)を受取る

2017年10月30日、ICOを行ったCOMSAのトークン配布が始まりました。

12月4日に取引開始なので、初値売抜けを狙うなら、早めの受取りが吉ですね。

受取口座を作ってCOMSAに登録しても、待っているだけだと配布されないので、受取り手順をまとめました。

 

事前準備1:CMS受取り口座の作成

COMSAトークン(CMS)を受取る「お財布」を作る必要があります。受け取り後の取引のことを考えると、Zaifに口座を作るのが一番ラクです。

Zaifの口座の作り方

ここからはZaifに口座があることを前提に進みます。

 

事前準備2:受取るトークン種類の決定と、COMSA ICOサイトでの登録

CMSには、NEMベースの「MOSAIC」とEtheremベース「ERC20」の2種類があります。
どっちで受取るかを決め、Zaifで「お客様固有のMOSAIC入金用メッセージ」もしくは「ERC20入金用アドレス」を払出します。
その後、COMSAのICOダッシュボードで、入金用メッセージもしくはアドレスを登録します。

登録方法:COMSAトークン(CMS)は2種類に。MOSAICとERC20どっちを選ぶ?

じぶんの場合のトークン種類の選び方:COMSAの受取トークンをMOSAIC(NEMベース)に決めた理由

 

トークンを受取るための最終手続き

この最終手続きをしないと、入金用アドレスを登録していても届きません。

手続きは簡単。COMSAのICOダッシュボードにログインして、「トークン受取」。
登録した入金アドレスと、規約や注意事項をチェックして「CMSトークンを受取る」

 

あとはZaifの口座にMOSAICもしくはERC20が届くのを待つだけです。
10月30日時点では、COMSAサイトで上記の最終手続きをしてから、Zaifに届くまで、数時間かかっているようです。

じぶんの場合は5時間ほどかかりました。Zaifに届くとこのように表示されます。

この画面へのアクセス方法は以下のとおりです。

Zaifでログイン⇒

(スマホの場合)メニューの中の「入出金」⇒「入出金と履歴」タブ
(PCの場合)右上の「アカウント」⇒「入出金と履歴」タブ

⇒「MOSAIC」か「ERC20」を選択

 

まとめ

あらかじめZaifの口座を作っておけば、CMSの受け取りはとても簡単。

最後にCOMSAのサイトで「受取る」手続きをすることを忘れずに!



こちらの記事もおススメ:

仮想通貨にかかる税金をいちばん簡単に解説。確定申告が不要なこともありえます

 

 

ビットコインゴールドの付与はいつ?そうしている間にシルバー、ダイヤモンド、そしてスーパーが生まれる?

Litecoin(LTC)がビットコインと同じ動きで上昇。今後の値動きは?

2017/12/2 ビットコインが反騰。今後の値動きは?

仮想通貨が爆下げ⇒上昇⇒爆下げ。どう身を守るか?

ビットコインが1万ドル突破。今後の値動きを予想する

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする