2017/12/4 COMSAトークンCMSが取引開始。17倍まで上がった?

      2018/04/29


2017年12月4日。COMSAトークンのCMSが取引開始となりました。
公募時点は1CMS=1ドル=約112円。12月4日の終値がCMS:XEM=160円なので、初日は+40%の値上がりです。

 

ちなみに、じぶんは朝からZaif取引所を見ていたものの、CMSの取引メニューが出てくる気配がなく、サーバが落ちたかと思い、夜まで放置していました。

朝は「取引」メニューの中に「仮想通貨」「トークン」「イベント」タブがあり、トークンタブにいずれCMSが追加になるんだろうと思っていました。朝7:57の表示はこのとおりです。

 

夜になって「イベント」タブが「COMSA」と名前が変わっていることに気付きました。

 

そして、チャート上ではCMS:XEMは2,000円まで跳ね上がっています。ただ、不思議なことに、文字では「初値161.13、高値177.70」と表示されています。

 

取引開始前に初値成行が注文できたのか?高値は本当に2,000円(公募の17倍)まで行ったのか?
いまさら調べてもしょうがないことではありますが、気になるところです。

ちなみにCMSにはネムベースのMOSAIC(CMS:XEM)と、イーサリアムベースのERC20(CMS:ETH)がありますが、価格は以下の通り、MOSAICが優勢です。

  • CMS:XEM(MOSAIC)=160.00円
  • CMS:ETH(ERC20) =138.80円

初値売抜けはできなかったので、これからどうなるのか、当面ホールドで様子見します。今年中に売却しなければ、今年の課税対象にもならなそうなので。

COMSAのICOでの利益と、確定申告の関係は、別途考察したいと思います。

 

Zaifに口座を作る

 

■関連記事

仮想通貨にかかる税金をいちばん簡単に解説。確定申告が不要なこともありえます