資産運用全般

二段階認証アプリを2台のスマホに設定しておけば、スマホを壊したり無くしても大丈夫

最近セキュリティを高めるために、ログインIDとパスワード入力の他に、スマホアプリに表示されるワンタイムパスワードの入力を必須にできるサービスがあります。

たとえば仮想通貨取引所CoinCheckや、ICOを実施したCOMSAなど。

通常のログインに加えて、ワンタイムパスワードの入力が必要なので二段階認証と呼ばれます。

メリットは、たとえログインID・パスワードが漏れたとしても、二段階認証アプリを入れたスマホさえ盗まれなければ、不正ログインを防げること。

デメリットは、二段階認証アプリを入れたスマホをなくしたり、壊したりすると、ログインができなくなってしまうこと。これを解除するにはサービス事業者に連絡を取って本人だということを証明するために、かなりの労力がかかる模様。

セキュリティは高めたい、ただ、ケータイが壊れたりしたときに困るのは防ぎたい、ということで、2台のスマホに2段階認証アプリを入れて、どちらのスマホでも同じワンタイムパスワードを表示できるようにしました。

設定は簡単です。サービスのサイトで表示されるQRコードを、2台のスマホで読み取るだけ。

今回はCoinCheckでやってみますが、他のサイトでも同じような手順で、2台に設定できます。

 

全体の流れ

全体の流れは以下のとおりです。

  1. 2台のスマホに二段階認証アプリをインストールする
  2. サービスのサイトでQRコードを表示する。PCからがおすすめ
  3. 2台のスマホで二段階認証アプリを起動し、同じQRコードを読み込む

 

ステップ① 二段階認証アプリのインストール

まずは2台のスマホに同じ二段階認証アプリをインストールします。

CoinCheckの場合は「Google Authenticator」アプリです。

2台のスマホから、アプリストアで検索するか、下記URLからダウンロードしてください。

iOSアプリ「Google Authenticator」

Androidアプリ「Google Authenticator」

 

ステップ② CoinCheckのサイトでQRコードを表示する

ここは、PCからの手続きをおススメします。

CoinCheckのサイトで「設定」⇒「二段階認証」で設定画面に進みます。

 

二段階認証画面で「設定する」ボタンを押すとQRコードが表示されます。

 

ステップ③ 2台のスマホでアプリを起動し、同じQRコードを読み取る

ここで、2台のスマホで「Google Authenticator」アプリを起動して、ここに表示された同じQRコードを読み取ります

すると2台のスマホで同じ6桁の番号が表示されるようになります。

ここまでくればあと少し。

ここに表示された6桁の数字を、コインチェックのQRコードが表示されているページの入力欄に打ち込みます。

次のように「二段階認証の設定が完了しました」と出れば、設定は完了です。

 

まとめ:同じ二段階認証を2台のスマホに設定するのは簡単

ケータイを落としたり壊したときに備えて、二段階認証アプリは、2台以上のスマホに設定しておくのが安心。
そのための手続きは簡単なので、ぜひ2台のスマホに設定しておきましょう!

仮想通貨の取引所を選ぶときにはこちらも参考にしてください。

あわせて読みたい
初心者にもおすすめできる仮想通貨取引所はbitbankとLiquid。その理由は2018年9月加筆修正しました。 ※この記事を読むのにかかる時間:約3分 わたしは、2018年1月のコインチ...
ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする