仮想通貨が爆下げ⇒上昇⇒爆下げ。どう身を守るか?

      2018/04/26


久しぶりに見ました。清々しいほどに真っ赤な値動き表。
2017年11月30日、仮想通貨は、暴落⇒上昇⇒暴落という動きをしました。

これが1週間レンジの値動き。右端の「下がって上がって下がって」が今日の動きです。

 

ビットコイン乱高下の規模

ビットコインの価格は次のような動きをしました。
①下落:午前4時、暴落。BTCは131万円⇒95万円、▲27%の下落。
②上昇:午後2時まで急上昇。95万円⇒127万円、+32%の上昇。
③再下落:再び下落。127万円⇒109万円(午後11時時点)、▲15%の下落。

時価総額で言うと、21兆円⇒15兆円⇒20兆円⇒17兆円という動きになります。
企業規模で言うと、ソニーや任天堂くらいの会社が、つぶれたり、生まれたり、つぶれたり、が一日で起きた感じです。

 

最初の暴落の原因

午前4時の暴落は、取引所の定期メンテナンス時間に合わせた、仮想通貨FXのロスカットを狙った「ストップ刈り」によるものと見られています。

ビットコイン、「ストップ狩り」で乱高下か 価格が4時間で30%減、その後30%増に

 

価格急変に対する対応策

素人のじぶんには、とてもこんな動きは読めません。ではこういったリスクをヘッジするにはどうしたらいいか。

まず考えついたのは、ビットコインに対抗する他の仮想通貨を持てばいい、ということ。その考えで、ビットコイン以外のアルトコインを一通り持っています。

ところが、そう上手くいかなかったのが、仮想通貨の不思議なところ。

ビットコインに次いで時価総額の大きいイーサリアムの動きですが、右端部分の今日一日の動きを見ると、ビットコインと同じ動きをしています。

 

他のコインも同様の値動き。つまり、ビットコイン以外のコインを持っていても、ビットコインの下落のヘッジにはなりません。

つまり、現状は、仮想通貨の親分であるビットコインが信用を失うと、仮想通貨全体に対する信頼が下がり、他の通貨も下落する、となっていると想定できます。

 

じゃあどうするの?

そんな中、素人であるじぶんは、この荒波にどう立ち向かうのか。

じぶんの予想はこうなので、

ビットコインが1万ドル突破。今後の値動きを予想する

・・・しばらくホールドです。

結局そこかい!という結論ですが、素人は下手に売り買いするより、じっとホールドがいいと思っています。仮想通貨の未来を信じるなら。

 



こちらの記事もおススメ:

仮想通貨にかかる税金をいちばん簡単に解説。確定申告が不要なこともありえます

 

 

ビットコインゴールドの付与はいつ?そうしている間にシルバー、ダイヤモンド、そしてスーパーが生まれる?

Litecoin(LTC)がビットコインと同じ動きで上昇。今後の値動きは?

2017/12/2 ビットコインが反騰。今後の値動きは?

仮想通貨が爆下げ⇒上昇⇒爆下げ。どう身を守るか?

ビットコインが1万ドル突破。今後の値動きを予想する