仮想通貨

ストロングハンズSHNDがストロングハンズマスターノードSHMNに進化!

昔のじぶん
昔のじぶん

大変だ!

自分が持ってる草コイン ストロングハンズから、ストロングハンズマスターノードっていうのが生まれたらしい!

今もってるストロングハンズって無価値になっちゃうの!?

ねなとう
ねなとう

まあまあ落ちついて。

ストロングハンズマスターノードが生まれたあとも、ストロングハンズは残るよ。

2つとも発展を目指すんだって。

ネタコインだとばっかり思っていた仮想通貨ストロングハンズ(StrongHands、SHND)。

このブログを見たDiscord公式コミュニティの管理人さんに声をかけられて、Discordをのぞくようになりました。
ストロングハンズのDiscord公式日本コミュニティ

そこにあった情報は、ストロングハンズが単なるネタコインではないことを教えてくれました。

Discordの中の情報って、Webの検索では引っかからないので、広がらないんですね。
私が手探りでやっていたPoS Mintingの情報もいろいろありました。
なんだかもったいない。

さて、今回はコミュニティでは熱い話題だけど、一般には知られていない?(私は全く知りませんでした・・・)、ストロングハンズの進化形「ストロングハンズマスターノード(SHMN)」に関する情報です。

これを読めば、SHMNのすべてがわかる!はず。

ただ「なんの目的で作られたコインなのか」だけは分かりません。
肝心な点なのに、発表されていないので(笑)

ストロングハンズマスターノード(SHMN)が生まれる

2018年7月16日、ストロングハンズマスターノード(SHMN)という新しいコインが生まれました。

ストロングハンズ(SHND)の開発メンバーが開発しているということで、ビットコインの周りで次々に生まれたビットコイン〇〇などとは性質が違うようです。

SHMNのスペック

新コインSHMNのスペックは以下の通り。

  • 2018年8月14日まで、SHMNはSHNDから交換(スワップ)することができたレートは500万SHND ⇒ 1SHMNなので、交換により枚数は大幅に減る。
    例えば1億SHNDを交換すると20SHMNになる。
  • SHMNをSHNDに交換することはできない。つまり交換は一方的でSHNDが減る方向
  • SHMNが生まれた後もSHNDは残り共存していく
  • SHMNはビットコインで買える。ちなみにSHNDはDogeCoin、XP、Zeny、LTC、NXTでしか買えない。
  • SHND⇒SHMNの交換は期間限定。2018年8月14日で終了しました。
  • スマートフォン向けモバイルウォレットが提供される。
  • 新しくできる取引所SHNDX(ストロングハンズエクスチェンジ)で取引できるようになる

SHMNの誕生時期

SHMNの誕生時期はずっと2018年5月31日とアナウンスされてきました。

ただ前日の5月30日朝(日本時間)になってdiscord本家コミュニティで弱気な発言が・・・

皆さんがスワップに興奮して、その方法の情報を待っていることを知っています。交換サイトはいつでも公開できる状態です。完全に自動化され、複数に分けて送らなくても大量のSHNDを交換できます。
交換サイトは5月31日を目標にしていますが、記述言語をPIVXベースに変更したため、テスト段階でいくつかの課題を見つけようとしています。
現段階ではスワップ開始に遅れをもたらすものではありませんが、もし問題が起きたらその後の動きを含めてすぐ発表します。これは新しいプロセスなので必要なステップを全てこなしたいと考えています。

変わらぬ支援に感謝します。SHNDを強く握りしめて仮想通貨世界中に我々がなすことを見せましょう!!

そしてやはり2018年5月31日、当日になってストロングハンズマスターノードのリリースが延期になることが、ディスコードで発表されました。延期後のスケジュールは未定です。

その後7月5日からの3日間のテストスワップを経て、7月16日からスワップが始まり、ついにSHMNが誕生しました。
当初の5月末から、1か月半遅れの難産でした。

SHMN誕生の背景

SHMN誕生の背景は、discord日本公式コミュニティ管理人のfuuminさんのブログにありました。

引用して要約・補記させていただきます。

SHNDは開発者が亡くなりウォレットに入れたまま放置されていた。当時のPoS報酬は1か月で2倍に増える仕様。そのため今の総枚数は20兆枚というインフレ状態に。

今の運営はそれを改善するために、まず2018年2月にPOS報酬を減額、「1か月で2倍」⇒「1か月で50万SHND」に変更した。

さらに根本的な対処のために、新しいコインSHMNを作りマスターノード(後述)という付加価値をつけてSHNDから交換してもらおう、交換したらSHNDはバーン(焼失)させて総枚数を減らそう、と考えた。

ただ、これでは「なぜSHNDの枚数を減らそうとしたのか」が分かりません。

私の推測は
「枚数が多すぎる」⇒「単価が安くなりすぎる」⇒「BTCの最小単位1satoshi(0.00000001BTC)より安くなり、BTCという基軸通貨で買えない」⇒「BTCをDogeなど他の通貨に交換してから買わないといけなくて面倒」⇒「値段が上がりにくい」
となっているからだと推測します。

SHND⇒SHMNへの交換方法

※交換は2018年8月14日で終了しました。

SHNDからSHMNへの交換はスワップと呼ばれます。方法は

  1. SHMNウォレットをインストールする。
  2. SHNDウォレットのバックアップを取る。
  3. SHMN交換サイトで払い出される交換用のアドレスに、SHNDを送金する。
  4. 交換の計算が終わるのを待つ。
  5. SHMNを受け取るために、SHMNウォレットの受取り用アドレスを交換サイトに入力する。
  6. ウォレットにSHMNが到着したことを確認したら、バックアップを取る。

取引所での交換ではなく、SHND⇒SHMN交換専用のサイトを通しての交換となります。

マスターノードを建てることができるように

SHMNではマスターノードを建てられるようになります。

SHMNのマスターノードとは何か

SHMNのマスターノードは以下の特徴を持ちます。

  • マスターノードはSHNDとSHMNを分ける一番の違い。SHND⇒SHMNへの交換を促すために導入される。
  • マスターノードを建てると自分のPCがSHMNの取引をサポートすることになり報酬がもらえる。
  • マスターノードは1,000SHMN(=50億SHMN)1,500SHMN(=75億SHND)を持っていれば建てることができる。※6月3日の発表でマスターノードを建てられる枚数が変更になりました。
  • 10SHMN(=5千万SHND)持っていれば共有マスターノードに参加することができる。
  • ステーク期間は最短7日、最長30日(←今のSHNDのウォレットPoS Mintingが最短30日なのでだいぶ短くなります)

ウォレットでのPoS Mintingは無くなるのか

では今SHNDで可能なウォレットでのPoS Mintingはできなくなるのでしょうか。

  • SHMNでもウォレットPoS Mintingは残る
  • マスターノードはウォレットPoS Mintingに比べ、多額のSHMNを売らないように自らロックして通貨の安定を保つ対価として、より高い報酬がもらえる。

報酬はどれくらい?

具体的な報酬はどれくらいなのでしょうか。

  • 1日あたりのトータル報酬は、マスターノードとウォレットPoS Minting合わせて480SHMN。24億SHND相当なので今のレートで12万円。(←意外と安いですね)
  • うち75%=360SHMN(同9万円)がマスターノード報酬25%=120SHMN(同3万円)がウォレットPoS Mintingの報酬

まだ分からないこと

自分が理解できていないだけですが、

  • マスターノード報酬360SHMN、ウォレットPoS報酬120SHMNと固定したら、マスターノード参加者の方が増えたらウォレットPoSより報酬が低くなってしまうのでは?動的に分配を変えていくのか?
  • SHNDと同じく、PoS以外にPoWも残るがその報酬は1日あたりのトータル報酬480SHMNとは別なのか?

ストロングハンズ建ての取引所ができる

SHNDX(ストロングハンズエクスチェンジ )というプロジェクトで、ストロングハンズ主体の取引所が開設されます

概要は

  • 開設の時期は未定。長期的な目標
  • おそらくBTC⇔SHMNのペアが取引できる。

SHND→SHMNの交換は、前述の通り、SHNDXで交換ではなく、専用交換サイトを通じて、となります。

最後に

ここの情報の大部分はdiscord公式コミュニティ管理人のfuuminさんのブログにある情報です。ありがとうございます。

fuuminさんのブログ
https://stronghandsfuumin.blogspot.jp/

そして最後にfuuminさんがまとめてくださっている、SHMN相関図とPoS報酬関係図です。

まずSHMN相関図。
複雑に見えますが、本記事と見比べていただくと、SHMNの仕様を見事に一枚にまとめていることが分かります。

※左上の「Partnership」と左下の「Strong Pay」については今回の記事では触れていない内容です。

次にPoS報酬の関係図。左半分がマスターノード、右半分がウォレットPoS Mintingです。これもまた分かりやすい。

最新情報はDiscordの日本公式コミュニティで!
ストロングハンズのDiscord公式日本コミュニティ

 

■関連記事

筋肉コイン「ストロングハンズ」が暴騰&ジェットコースターのような動き!

 

筋肉コイン「ストロングハンズ」はアスリートを応援するコイン!

筋肉コイン「ストロングハンズ」が日本人女性格闘家とパートナーに!

筋肉コイン「ストロングハンズ」をアスリートにプレゼントする方法!

 

コインエクスチェンジ(CoinExchange.io)でストロングハンズを買う!

ストロングハンズ(StrongHands、SHND)をPoS Mintingする

45日でストロングハンズのPoS Mintingに成功!

仮想通貨の取引所を選ぶときにはこちらも参考にしてください。

あわせて読みたい
初心者にもおすすめできる仮想通貨取引所はbitbankとLiquid。その理由は2018年9月加筆修正しました。 ※この記事を読むのにかかる時間:約3分 わたしは、2018年1月のコインチ...
ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする