仮想通貨

仮想通貨ウォレットが起動しない!を無理やり解決

仮想通貨のウォレットアプリが起動できなくなったことありますか?

私は仮想通貨StrongHandsをセルフGOXした後、PC内のウォレットをバージョンアップしたら起動できなくなってしまいました。

まさに踏んだり蹴ったり・・・

 

今回かなり強引な方法で問題を解消できたのですが、この方法はWebでかき集めた情報をもとにしており保証されているものではありません

私の場合は元々ウォレットの中のコインがゼロだったので問題ありませんでしたが、コインがある場合、きちんと残るか分かりませんので自己責任でお願いします。

どうしようもなくなった時の最終手段だと思ってください。

 

起きた事象

仮想通貨StrongHands(SHNDS)にはPC/Mac用のウォレットアプリがあります。
ここにコインを入れておくとマイニングができるので私も利用していました。

そこで不具合が起きて、自分のミスで仮想通貨を行方不明にしてしまう(セルフGOX)を起こしてしまいました

無くなったコインは泣く泣く諦めて、ウォレットアプリをバージョンアップさせたものの、初回起動時にエラーが出て進みません。

まさに踏んだり蹴ったりです。

エラー画面はこんな感じ↓

エラー文言はこのようなものです。

EXCEPTION: 11DbException
Db::del: Cannot allocate memory
stronghands in ProcessMessages()

 

起動できないので何もできない状態です。がっくり・・・

 

エラー解決法(?)

かなり強引な方法で解消させました。

繰り返しますが、この方法はWebでかき集めた情報をもとにしており保証されているものではありません。私の場合は元々ウォレットの中のコインがゼロだったので問題ありませんでしたが、コインがある場合、きちんと残るか分かりませんので自己責任でお願いします。どうしようもなくなった時の最終手段だと思ってください。

 

StrongHandsのデータを格納しているフォルダに移動

まずウォレットアプリを終了させます。

次にStrongHandsウォレットのデータを格納しているフォルダに移動します。

Macだとデフォルトでインストールした場合は、Finderで「ライブラリ※」⇒「Application Support」⇒「StrongHands」
※「ライブラリ」は隠しフォルダ。表示するにはFinderのメニュー「移動」にカーソルを合わせキーボードの「option」ボタンを押すと現れる。

 

2つのファイルを他に移動

そこにある2つのファイルを、他のフォルダに移してしまいます。(削除してもいいのですが、いざという時に戻せるよう他に移動させました)。

移すファイルは「blk0001.dat」と「blkindex.dat」の2つです↓

この2つのファイルを他に移し、このように↓無くなった状態でウォレットを起動します。

ウォレットの再起動

あとはウォレットアプリを再起動するだけ。

今までエラーメッセージが表示されていた左下部分に「Synchronizing with network」(ネットワークに同期しています)と表示されれば問題解消です。

同期にはかなり時間がかかるので、しばらく放っておきましょう。自分の場合、一晩かかりました。

 

まとめ

ウォレットが起動できなくなったとき、2つのファイルを削除(他のフォルダに移動)すると解消できました。

なお、今回削除したファイル2つは、ウォレットを再起動すると自動で再作成されます。ファイルサイズを見ると、削除したものはそれぞれ400MBくらい、再作成したものは同期が進むにつれ数MBからどんどんサイズが大きくなっていきます。
これから想像するに、クラウドからダウンロードしたブロックチェーンが書き込まれているのがこのdatファイル2つではないかと。

ただ公式に紹介されている方法ではないので、最終手段だと思ってください。

それにしてもネタとして買ってみたStrongHandsですが、セルフGOXとか今回の事件とか、想像以上にいろんなネタを提供してくれており、ある意味感謝です!

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする