仮想通貨

Zaifの口座の作り方

いまウワサのZaifの仮想通貨の取引口座を作りました。

ウワサになっているといっても、ICO、とくにCOMSAのトークンセールに興味を持っているヒトの間だけで、ですが。

2017年10月27日、COMSAから「トークンセールのトークンはZaif口座で受け取れること。COMSAトークンはZaif取引所で取引できるようになること」が明らかにされたのです。
COMSA ICOトークンの配布時期、受取方法、取引所が発表に

じぶんは、たまたまこの数日前にZaifの口座開設を申し込んでいました。

Zaifは、10月頭のCOMSAのICOトークンセールのときに「Zaifからだと2%のボーナスが付く」とか「Zaifからだと購入がラク」ということで名前はよく目にしました。
ただ、そのときは口座開設にかなり時間がかかりそう、ということで諦めてCoinCheckから参加したのです。
COMSAのICOトークンセールにCoinCheck(コインチェック)で参加する方法

その後、COMSAのトークンセールも落ち着いてきたこと、またイケダハヤトさんのZaifをおすすめる記事を見たこともあり、Zaifに口座開設した直後に、冒頭のCOMSAからの発表がありました。これでまたZaif口座が増えそうな気がします。

 

前置きが長くなりましたが、今回はそのZaif口座の作り方です。とてもカンタンでした。Webの手続きは30分もしないで終わります。

 

アカウントの作成

アカウントの作成は

  • メアドを登録
  • 届いたメールに書かれたURLからサイトにアクセス
  • パスワードを決める

で完了です。3分で終わります。

 

初期登録をして、本人確認を申込む

初期登録と本人確認が終わらないと取引ができないので、ちゃちゃっと終わらせます。

右上の「アカウント」を選択し、「基本情報」メニューを選択。

 

この画面↓で基本情報等を入力していきます。

 

  • 「基本情報」タブで、氏名、住所、連絡先などを入力。
  • 「JPY出金口座」タブで、取引に使う銀行口座を登録。
  • 「本人確認書類」として、免許証とマイナンバー通知書の写真をアップロード。
  • 「電話番号認証」で携帯電話番号を登録。

ここまでで15分程度でしょうか。

あとは、審査結果のはがきが届くのを待つことになります。

 

まとめ

Zaifのアカウントの取得と、初期登録、本人確認の申請は非常にカンタン。30分もかからずに終わります。

あとは、審査結果のハガキが来るのを待って、そこに記載された本人確認コードを入力して、取引ができるようになります。

はがきが届くのにはどれくらいかかるのか、届いてからまたここで報告します。

Zaifに口座を作る

 

【続き】Zaifの口座作成にかかる時間

【参考】COMSA ICOトークンの配布時期、受取方法、取引所が発表に

 

こちらの記事もおススメ:

仮想通貨の値動きには各国政府のスタンスが反映される

仮想通貨には二段階認証を。二段階認証アプリを2台のスマホに設定しておけば、スマホを壊したり無くしても大丈夫

Bitcoinが分裂。ビットコイン ゴールドが誕生

COMSAのICOトークンセールにCoinCheck(コインチェック)で参加する方法

CoinCheck、マネックス証券を使っているなら、マネーフォワードから見たほうが分かりやすい

分散した資産の把握にはマネーフォワードが最高と感じた理由

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする