資産運用全般

マネーフォワードで自動反映されないお金を管理する

マネーフォワードというサービスを使うと資産の管理がラクになります。

銀行、証券会社、ロボアドバイザー、仮想通貨などで持っている資産の時価を、まとめて表示、足し算できるのです。
つまり最初の元本の金額さえ覚えておけば、その後なにに投資しても、合計額が分かるので、損得がすぐに分かります。

分散した資産の把握にはマネーフォワードが最高と感じた理由

CoinCheck、マネックス証券を使っているなら、マネーフォワードから見たほうが分かりやすい

 

ただ、マネーフォワードでは取り込めないお金があります。
わたしの場合、

  • IPO申込後の拘束金
  • ICOに申し込んだお金

がそれにあたります。

自動反映されないお金をマネーフォワードで管理する方法

自動反映されないお金をMoneyForwardで管理するには、原始的な方法を使います。

「財布(現金管理)」という項目で金額を手打ちするのです。具体的な手順は、スマホなら3ステップです。

  1. 「口座」タブで一番下の「連携先を追加」をタップ
  2. 「財布(現金管理)」を選択
  3.  財布の名前と金額を設定

 

口座タブで、連携先を追加、をタップ

「口座」タブを選択し、一番下の「+連携先を追加」をタップします。

 

「財布(現金管理)」を選択、表示名と金額を入力

連携先として一番上の「財布(現金管理)」を選びます。
次の画面で、「財布の名前=表示名称」と「金額」を手入力。終わったら「完了」をタップします。

 

一覧画面で反映を確認

「口座」タブに戻ると、一覧に反映されています。

これは「IPO拘束金」に加え「COMSAトークンセールに申し込んでいる仮想通貨の価格」を手入力した状態です。

 

全資産合計額にも反映されています。この画面↑を左にスワイプすることで、全資産の合計額を確認可能です。

 

まとめ

マネーフォワードは資産を一括管理できる便利なアプリですが、どうしても取り込めないものもあります。

そんなときは手入力できる「財布(現金管理)」機能を使いましょう。
複数作成できるので、自分の分かりやすい名前をつければ、いくらでも追加可能です。

この機能を使うようになってますます利用頻度が上がりました。

世の中に知られたらもっと使われるようになると思うので、マネーフォワード社の10月のIPOに外れたのが、どうにも悔しい・・・

 

こちらの記事もおススメ:

マネーフォワードで資産をグループ化して管理する
ビットフライヤーをマネーフォワードで楽々管理!3分で連携完了
マネーフォワードでマネックスの外国株損益が表示されない不具合への対応法
マネーフォワードを快適に使うためにSBI証券とSBI銀行ハイブリッド預金の連携を外した

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする