COMSA ICOトークンの配布時期、受取方法、取引所が発表に

      2018/04/26


2017年10月中旬に発表するとされていた、COMSAトークンの受取方法などが、10月27日、ついに発表されました。

明らかになったのは3点です

  1. 受取方法の追加
  2. トークン配布時期
  3. CMSトークンの取引所での扱い

 

CMSトークンの受け取り方法の追加

COMSAトークン(名称は「CMS」)の受取方法に、これまで告知されていた「ウォレット受け取り」に加えて「Zaifでの受け取り」が追加になりました。

その結果、受取方法は以下のとおりとなります。

  1. 仮想通貨取引所Zaifで受取り
  2. ウォレットで受け取り
    • Nano Wallet
    • MyEtherWallet

Nano WalletとMyEtherWalletの作り方は、こちらでくわしく解説しています。
COMSA ICOトークンの受け取り方①まずはウォレットを作る

 

CMSトークン配布時期

COMSAトークンの配布時期が明らかになりました。

2017年11月中旬〜11月末頃とのことです。

今回の発表が元々「10月中旬」とアナウンスされていたものの、実際は10月27日と遅れたことを考えると、「11月中旬〜11月末頃」というのは12月になるのでは、と考えます。

 

CMSトークンの取引所での扱い

CMSトークンはどこでどうやって取引されるかが明らかになっていませんでしたが、今回「Zaif取引所で取引できるようにする」ことが明らかになりました。

時期はこれも11月末頃とのこと。ということは12月でしょうか。

 

まとめ

今回の発表で、CMSトークンが、①Zaif口座で受け取れること、②11月末頃まで(12月?)に配布されること、③Zaif取引所で取引ができるようになること、が明らかになりました。

これはZaif口座を作っておいたほうがよさそうです。Zaif口座でCMSトークンを受け取れば、すぐにZaif取引所での売買が可能になるからです。

じぶんはちょうど先日、Zaifの口座開設を申込んだところなので、住所確認のハガキを待っているところです。

 

■関連記事

配布が始まったCOMSAトークン(CMS)を受取る

COMSAの受取トークンをMOSAIC(NEMベース)に決めた理由

COMSAトークン(CMS)は2種類に。MOSAICとERC20どっちを選ぶ?