資産運用全般

CoinCheck、マネックス証券を使っているなら、マネーフォワードから見たほうが分かりやすい

マネーフォワードを使い始めて1週間経ちましたが、コインチェックとマネックス証券との相性はかなりよいです。本家のアプリやサイトで見るより、マネーフォワードで見たほうが分かりやすいのです。

 

コインチェックの仮想通貨をマネーフォワードで確認する

コインチェックはスマホアプリがあります。アプリを使うと、チャートの確認や、入金・購入・売却がかなり便利になります。

ただ資産額を確認するには使い勝手がイマイチ。総資産額は分かるが、通貨ごとの現在価格がわからないのです。※2017年10月追記:CoinCheckアプリバージョンアップにより改善されました。
つまりどの通貨で利益と損が出ているかが分からないのです。
これ↓がコインチェックアプリの画面です。

 

それがマネーフォワードだと、本家より分かりやすく表示されます。
マネーフォワードアプリの画面↓

仮想通貨は株式と違い、○万円分という買い方ができるので、いくら分買ったか覚えておけば、それぞれの通貨の損益がすぐに分かるのです。

 

マネックスの株式・投資信託をマネーフォワードで見る

マネックス証券は資産を確認するためのスマホアプリはありません。サイトで確認することになりますが、資産確認ページにはスマホ用ページはないので、PCサイトを小さい画面で見ることになります。かつ、国内株と海外株が別ページに分かれていて、合計額は自分で足し算することになります。

国内と海外はこのような感じ↓で分かれています。

 

それがマネーフォワードだときれいに並んで表示され、こういう感じ↓で合計値まで確認することができます。

 

まとめ

CoinCheck、もしくは、マネックス証券を使っているなら、マネーフォワードでの資産管理は本当にオススメです。

ただしマネーフォワードもサイトだと上記使い勝手と全く違うのでご注意を。じぶんはふだんはスマホアプリしか触っていません。

じぶんの資産運用にはマネーフォワードが欠かせなくなってきました。このサービスは本当にありがたい。有料コースに入ったので、その料金をぜひさらなるサービス改善に使ってもらいたい、と思っています。

 

■本日の相場
1BTC=53万円

 

こちらの記事もおススメ:

マネーフォワードではZaifのコムサは反映されない、残念

マネーフォワードを快適に使うためにSBI証券のハイブリッド預金連携を外す方法を探した

マネーフォワードで資産をグループ化して管理する

マネーフォワードで自動反映されないお金を管理する

CoinCheck、マネックス証券を使っているなら、マネーフォワードから見たほうが分かりやすい

分散した資産の把握にはマネーフォワードが最高と感じた理由

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする