COMSAのICOトークンセールにCoinCheck(コインチェック)で参加する方法

      2018/03/22


2017年10月2日、コムサのICOトークンセールが始まりました。日本におけるICOのさきがけになる案件です。
ICOが今後日本で、広まっても、コケても、どちらにせよ歴史に残るICOになると思います。

お祭り好きの私もこのトークンセールに参加します。Zaifという取引所の口座を持っていると、ボーナスが付いたり購入が楽だったりするのですが、面倒がりな自分は普段使っているCoinCheckからお金(イーサリアムとネム)を移して申込みました。

今回は、COMSAのICOトークンセールにCoinCheckから申込む方法、をシェアします。

※手続きは変更になる可能性がありますのでご注意を。

 

正しいToken Saleサイトにアクセス

まず正しいCOMSAトークセールのサイトにアクセスしましょう。なにを言っているのか?と思うかもしれませんが、フィッシングサイトが出ているのです。

COMSAから届くメールに記載されたURLからアクセスするか、下記のリンクからどうぞ。

⇒COMSA ICOトークン 申込みページ

ちなみに正しいサイトはこんな感じ(2017年10月5日時点)

 

そしてこちらが詐欺サイト。Googleで「COMSA ICO」で検索すると、一時期このページが本家より上に表示されていました。
本家との違いはURLが、正「tokensale.comsa.io」、偽「tokensale-comsa.io」ということ。
↓偽サイトです。注意!!

↑偽サイトです。注意!!

 

(初回のみ)利用規約への同意 ※チェックボックスにチェックを付けられない場合の対処も

(初回のみ)トークンセールサイトにログインしたら、初回は利用規約同意が必要です。トップ画面下の「ICOに参加する」をタップして進む。

 

注意事項が書かれたページが表示されます。そこに「利用規約」リンクがあります。これをクリックして規約を表示しないと次に進めないようになっています。
チェックボックスにチェックが入れられない!という場合は、利用規約リンクを押して別画面で表示させましょう。

 

送金先アドレスの入手

そして本題の、送信先アドレスの入手。

仮想通貨の種類により手間が違い、「Nem」が一番面倒だったのでその手続を紹介します。

Topページから「COMSAトークン購入」ページへ。ここで使う仮想通貨と、入金方法を選びます。
入金方法はNEMなら「NEMで購入」と「Zaifからの振り替え」の2つが表示されていますが、コインチェックから入金する場合「NEMで購入」を選びます。

 

すると以下2つが表示されます。
①お客様識別メッセージ
②送金先アドレスのQRコードと、アドレス(文字列)

 

①がXEM特有で、このメッセージ付きで送金しないと、誰からの送金か分からないのでトークンを渡せないよ、とのことです。

XEMの入金については複数のユーザーが同じアドレスに送金することになっており、送金時のメッセージでお客様のアカウントを識別しています。入金時には必ず下記のメッセージを添付して送金してください。メッセージは平文のまま(HexやEncryptのチェック無し)送信してください。

メッセージがない場合、お客様の送金を確認することができません。その場合、お客様の送金は無効となります。送金された仮想通貨(XEM)につきましても返金不可になりますので、ご注意ください。

 

ここまで表示させたら次はCoinCheck側での手続きです。

 

Coin Checkにログインし、送金先URLに送金

次にコインチェックからCOMSAの自分用アドレスに送金しましょう。

Coincheckは、「スマホアプリ」だとビットコインしか送金できません。ネムやイーサリアムでICOに参加する場合は、CoinCheckの「サイト」から送金手続きをしましょう。

コインチェックのサイトにログインして「コインを送る」から、「NEMを送る」を選択。

まず送金先リストを作るように指示されるので、
・「新規ラベル」欄には、自分があとで分かるような名前をつける。
・「新規宛先」欄には、COMSA側で表示された送金先アドレス(前のステップで表示した②)を、コピペする。

入力したら「追加」ボタンを押すことで送信先リストに追加されます。

 

次に、必要事項の入力です。
・「宛先」は上記で登録した宛先を選ぶ。
「メッセージ」に、COMSA側で側で表示されたお客様識別メッセージ(前のステップの①)を入力する。
※絶対に入力を忘れないように!※
・「金額」には自分が送金したい金額を入力する。

 

最後に「送金する」ボタンを押せば、送金手続は完了です!

 

COMSA側で入金・Tokenの購入を待つ

あとは待つのみ。Zaif口座からの振り替えだとこれが即時とのことですが、他口座からの送金だと数時間かかるようです。

送金手続きした直後はこのような状態でしたが

 

数時間たつとこうなりました。無事入金しています。

 

結論:Coin CheckでCOMSAトークンセール参加は簡単。ただしスマホよりPCから、が良い

コインチェックからコムサToken Saleに参加するのは心配していたほど面倒ではありませんでした。

Zaif口座からの振り替えと比べると
・サイト間を行ったり来たりしてコピペなどしないといけないのが面倒
・送金がすぐに反映されないのが少し不安に感じる
というデメリットはあります。

ただ、このためにZaif口座を作るほどではないかな、と思いました。

 

また、今回は全てスマホ(iPhone)を使って手続きしたものの、「送信先アドレス」や「お客様識別メッセージ」はコピーがしづらかった。そのため手続きはPCで行ったほうがスムーズです。

 

■関連記事

配布が始まったCOMSAトークン(CMS)を受取る

COMSAの受取トークンをMOSAIC(NEMベース)に決めた理由

COMSAトークン(CMS)は2種類に。MOSAICとERC20どっちを選ぶ?

 

こちらの記事もおススメ:

仮想通貨の値動きには各国政府のスタンスが反映される

仮想通貨には二段階認証を。二段階認証アプリを2台のスマホに設定しておけば、スマホを壊したり無くしても大丈夫

Bitcoinが分裂。ビットコイン ゴールドが誕生

COMSAのICOトークンセールにCoinCheck(コインチェック)で参加する方法

CoinCheck、マネックス証券を使っているなら、マネーフォワードから見たほうが分かりやすい

分散した資産の把握にはマネーフォワードが最高と感じた理由