仮想通貨

ビットフライヤーの口座開設はスマホからがおすすめ

どうも、コインチェックに150万ほどロックアップされているねなとうです。

コインチェック事件に見事に巻き込まれたので、あらためてメインで使う仮想通貨取引所を探しています。

改めてメインの仮想通貨取引所を選ぶ

基準は3点。
①取扱い通貨の豊富さ
②UX、特にスマホでの使いやすさ
③セキュリティへの配慮

カタログベースで調べたところ、これらに合いそうなのは
1)QUOINEX(コインエクスチェンジ)
2)ビットフライヤー
3)GMOコイン
4)テックビューロ(Zaif)
の4社でした。

色々調べるより使ってみるほうが早かろうと思い、今回はその中の1つ、ビットフライヤーに口座を作ってみました。

結論からいうと口座開設はかなり簡単。アプリも使いやすそう。さらに、口座開設は、スマホアプリからすると、本人確認書類をカメラで撮ってすぐに送れるのでかなり楽です。

 

アカウントの作成

まず口座の開設です。スマホでbitFlyerのサイトにアクセスすると、「アプリでアカウント開設」というメニューがあります。

アプリでアカウントを作ると本人確認書類の撮影や提出がラクなんですよね。AppStoreの評価が4.2とかなり高いのも期待大。

せっかくなのでアプリからアカウントを作ってみます。起動して『アカウント登録」メニューからメアド登録をします。

  

入力したメアドにメールが届くのでそのURLをクリックするとアプリが起動されて登録完了です。あっという間でした。

というわけで、アカウント作成はすぐ終わります。

 

セキュリティ周りの設定

アカウントを作ったら、まずはセキュリティの設定。

  1. パスワードを仮パスワードから自分で選んだパスワードに変更
  2. 二段階認証を設定
  3. Face ID / Touch IDロック

アプリTop画面の左上のメニューボタンから、メアドが書かれた部分をタップし「マイアカウント」画面が表示されたら、「設定」メニューから、パスワード変更と二段階認証の設定、iPhoneのFace ID/Touch IDの設定ができます。

 

セキュリティ周りの設定も迷わずスムーズに完了しました。

 

本人確認書類等の提出

取引を始めるために必要な情報や書類を提出していきます。

アプリのメニューから「マイアカウント」⇒「登録内容」へ。

※「」マークがついているので自然とたどり着くと思います。

以下のように入力、提出していきます。

  1. ご本人情報の登録 ⇒ 氏名、生年月日、住所等を登録
  2. ご本人確認資料のご提出 ⇒ 免許証等の写真を撮影してアップ
  3. お客様の取引目的等のご確認 ⇒ 職業、投資目的等を登録
  4. 転送不要書留郵便のお受取 ⇒ 届くのを待つのみ
  5. 携帯電話認証 ⇒ 1で登録した携帯にSMSが届くので入力して認証完了
  6. 銀行口座情報確認 ⇒ 取引に使う銀行口座を登録

ここまで終われば、住所確認の書留郵便が届くのを待つのみです。

ビットフライヤーのアプリは、証明写真の撮影とアップなどに対応しているので、手続きがスマホ一台で済んでかなりラク。口座開設はPCよりスマホからがおすすめです。

書留郵便は1週間ほどで到着しました。これで取引が開始できるようになります。

 

いったんのまとめ

ビットフライヤーについて、自分の評価ポイント3点については次の印象を受けました。

①取扱い通貨の豊富さ: ○(BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、MONA、LSKの7種。ただし板取引はBTCのみ)
②UX、特にスマホでの使いやすさ:○(アプリだけで十分使えそう)
③セキュリティへの配慮:○(Face ID、Touch IDでアプリログインをガード可能。二段階認証はデフォルトでは仮想通貨の送金時のみだが、範囲を広げることが可能)

積極的にTV CMを打っていることから、仮想通貨初心者、ライト層を狙っていると思われます。狙い通り口座開設までは非常にスムーズ。

これからメイン取引所の候補の1つとして使ってみようと思います。

ビットフライヤーに口座を作る

■関連記事

口座開設編:ビットフライヤーの口座開設はスマホからがおすすめ
入金編:ビットフライヤーにアプリを使って入金する
取引編:ビットフライヤー板取引が快適すぎる!コインチェックのアプリ注文と同じくらいの簡単さ
管理編:ビットフライヤーをマネーフォワードで楽々管理!3分で連携完了

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする