IPO

年末のIPOはNISAと相性が良くなくて困る

年末のIPOはNISA枠で申込むには都合が悪くて困ります。ってマネックスユーザーだけでしょうか。

そもそもNISAとは、株の売却益が非課税になるため、大幅な売却益が出やすいIPOとは最強の組合せだ、という説があります。

じぶんはそれを信じて、ひたすらIPOに申し込みました。「ニーズウェル」「PKSHA Technology」「ロードスターキャピタル」「マネーフォワード」。結局全て外れました。
特に「マネーフォワード」は、じぶんがいちユーザとして惚れていたのでぜひ株主となって応援したかったんですが。
当ブログ記事:分散した資産の把握にはマネーフォワードが最高と感じた理由

当ブログ記事:CoinCheck、マネックス証券を使っているなら、マネーフォワードから見たほうが分かりやすい

ただ、NISA枠については、マネックスでは、IPOに応募した時点でいったん減らされてしまいます。つまり、IPOで例えば25万円分応募すると、NISA枠から25万円分が減ってしまいます。

外れれば枠は戻ってくるんですが、それまでは減った枠の中でやりくりするしかない。特に年末には、NISA枠の残高も減っているため、IPOに応募すると、他の商品に手を出せないことになりかねないのです。

そしてIPOに落選したらNISA枠を使い切るために、エイヤと何かを買うことになり、なんだかなぁと思うわけです。いい解決方法があったら教えてください。

 

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする