コインチェックが盗難されたNEMの補償を発表

      2018/03/15


どうもNEMを40万円分コインチェックに預けていたレイです。

コインチェックが2018年1月28日午前0時頃に、盗難にあったNEMについて、保有していたユーザに対してほぼ全額保証することを発表しました。

それを受けNEMの値段はうなぎのぼりです。2時18分時点で120円。2時間で約30%の暴騰です。

先ほど、この先どうなんだろうという記事を書いたばかりですが、急に解決の方向で動き出しました。
下記が公式発表です。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 :  5億2300万XEM
保有者数 :  約26万人
補償方法 :  NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 :  NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間:  売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額:  88.549円×保有数
補償時期等 :  補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

 

ただ、記者会見からたった1日でここまで判断できるなら、かなり儲けが出てるんだろうな、とか、会見での「株主に相談しないと〜」発言は何だったんだろうな、という疑念が湧いてくる。

さっきまで、NEMは諦めるが他の資産が目減りしなければいいな、と言っていた状態からすると、満点回答なんですが、ヒトは上を見てしまうもので。

あとは、ロックアップをどのように解除するか、がもう一つの課題のはず。一気に解除すると、取り付け騒ぎになり、コインチェックのJPY不足と回転資金ショートを招く。極力引き出されないように工夫してくるコインチェックと、引き出そうとするユーザ。

しばらく緊張状態が続くと見ます。

 

取り付け騒ぎを防ぐためには、ロックアップ解除する前に、別の会社と合流しセキュリティを上げてブランドを変えて、ただコインチェックと同等の利便性・取扱通貨数のサービスを提供してほしい。すくなくとも今の体制のままで「セキュリティを上げました」と言われただけでは、私は利用継続しません。すぐにJPYは引出し、NEM・BTC等は他の取引所に送金します。

解決まであと少し。でもここからが長い予感もします。

 

■関連記事

コインチェックのビットコインを売って出金できました

コインチェックで持っているビットコインを板で売ってJPYで出金できるか

コインチェック出金再開でも安心できないワケ。2/13の報告に要注意

コインチェック 日本円の送金再開を発表。出金申請の方法をご紹介

コインチェックが実質、送金再開の見通しを出せない状態に

SBIがコインチェックを吸収する道はなくなった!?

それでもコインチェックの出金再開は慎重にすべき、と思う理由

コインチェックの送金再開は2月13日以降になるはず

コインチェック事件 こう解決してほしい

コインチェックが盗難されたNEMの補償を発表

ロックアップ中のコインチェックから外部に送金できるのか

コインチェック事件の全容と2日目の動き。ホワイトハッカーの活躍

コインチェックからネムが580億円分盗難に(会見模様)

コインチェックでNEMが盗難か