資産運用全般

資産運用を始めるにあたり最初にすべきこと

貯金箱

これまでお金はすべて銀行に預けていましたが、2017年8月から資産運用を始めました。このブログはそこからの苦闘の歴史です。

そもそものきっかけは、住宅ローンの繰上げ返済の検討でした。家族すべてのお金を洗い出したところ、銀行に預けっぱなしになっているお金を発見したのです。低金利の今、銀行に預けっぱなしはもったいない!

というわけで、仮想通貨をいきなり買ったり、投資信託を購入したりしたんですが、数週間経って気が付きました。
一番知りたい、いま利益が出ているのか損しているのか、が分からないのです(涙)

 

そこで学んだのは、
資産運用の最初のステップは、運用専用の銀行口座をつくって、最初に資金をそこに集約すること
でした。

 

つまり、日常生活用に使う銀行口座(生活費を引出したり、クレジットカードの引き落としに使っていたりする口座)とは別に、運用専用の銀行口座を作るべきでした。

  • まず、運用専用の銀行口座に資産運用に使うお金(元本)を集める。
  • そこから証券会社や、仮想通貨取引所にお金を移して売買する。

⇒株や仮想通貨の現在価格と、銀行口座の残高を足すと、現在の資産額が分かる。

損益を把握するためには、元本を覚えておく必要がありますが、キリの良い数字の金額とすれば覚えやすいです。

 

なお、新しい銀行口座を作るときは、できれば普段使いと同じ銀行がいいと思います。預金の移行がスムーズで手数料もかからないなどのメリットがあるため。
同じ銀行には一つしか口座を作れない、というウワサも聞きましたが、じぶんの場合は、資産運用のためお金を分けたいという理由をすなおに話すとスムーズに2つ目の口座を作ることができました。

 

初回なのに長くなりましたが、
資産運用を考えるなら、まず専用の銀行口座を作りましょう!
というお話でした。

 

これからよろしくお願いいたします。

 

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする