仮想通貨

コインチェックから無事出金!ついにロックアップ解除!

どうも、2018年1月26日のコインチェックのNEM盗難事件時に200万円分ほど預けていてロックアップされたねなとうです。

1か月半経った、先週末3/9にやっと「盗まれたNEMを当時の価格で日本円で返却すること」「一部の仮想通貨の取引を再開すること」を発表しました。

NEMの返却が実際どうだったかはこちらで紹介しましたが、「一部の仮想通貨の取引を再開すること」について今回ご紹介します。

結論からいうと、主要コインは問題なく売却・出金できました!

 

コインチェックで取引が再開された仮想通貨

3/12(月)に発表がありました。

「その日のうちに仮想通貨の送金・売却を可能にする。対象はイーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)」

私の実体験上、3/12中は売却・送金できず、こんな画面になりました。

【売却不可】

【送金不可】

 

その後ついに取引ができるようになったのは、私の場合3/13午前0時すぎ。対象は前述の通りETH、ETC、XRP、LTC、BCH。

なお、私が持っているのは以下の通りでした。
・今回再開:イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)
・未定:リスク(LSK)、オーガー(REP)

 

取引結果

取引再開した通貨は問題なく送金・売却できました。具体的には下記の通りの取引が問題なく完了しました。

  • イーサリアム(ETH):ビットフライヤーに送金
  • リップル(XRP)、ライトコイン(LTC):コインチェックで売却。その後銀行口座に出金

ライトコインもビットフライヤーに送金するという手がありましたが、販売所の価格を見比べてコインチェックの方が高かったので売ってしまうことに決めました。

この2日後に、出金先の銀行口座で振込みを確認。NEMの補償と今回の売却・出金再開を受け、私の中では大きな混乱なくコインチェック騒動は解決に近付きました。

残る課題は、売却・送金ができないリスク、オーガーの扱いです。

 

■関連記事

・コインチェックのNEMが返ってきた。相場以上の価格で
・コインチェックが仮想通貨取引き再開を発表。取るべき戦略は
・コインチェックのビットコインを売って出金できました
・コインチェックで持っているビットコインを板で売ってJPYで出金できるか
・コインチェック出金再開でも安心できないワケ。2/13の報告に要注意
・コインチェック 日本円の送金再開を発表。出金申請の方法をご紹介
・コインチェックが実質、送金再開の見通しを出せない状態に
・SBIがコインチェックを吸収する道はなくなった!?
・それでもコインチェックの出金再開は慎重にすべき、と思う理由
・コインチェックの送金再開は2月13日以降になるはず
・コインチェック事件 こう解決してほしい
・コインチェックが盗難されたNEMの補償を発表
・ロックアップ中のコインチェックから外部に送金できるのか
・コインチェック事件の全容と2日目の動き。ホワイトハッカーの活躍
・コインチェックからネムが580億円分盗難に(会見模様)
・コインチェックでNEMが盗難か

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする