仮想通貨

StrongHands(筋肉コイン)のウォレットPoS Mintingにさらに進展が!

※2018年5月1日追記:ここで書いている内容はもともとの仕様で、問題ないということが分かりました。下記記事を参照ください。
StrongHands(SHND、筋肉コイン)という仮想通貨をご存知ですか?
  • 使い道がない
  • ロードマップもない

という何のためにあるか分からないコインです。
唯一、価格が落ちても売らない、上がっても売らない、という握力を鍛えることが目的、と言われるネタコインです。

価格は2018年3月末で0.00002603円/SHNDなので、3千円もあれば1億SHNDが手に入ります。億万長者です。

 

そんなSHNDはマシンパワーがなくてもウォレットPoS Minting(マイニングみたいなもの)が可能。9年前のMacでも問題なし。

StrongHands(SHND)をウォレットPoS Mintingする

 

のはずですが、2月のハードフォーク後のウォレットPoS Minting(マイニングみたいなもの)はなかなかうまくいきませんでしたが
StrongHandsのウォレットPoS Mintingができない!?
悲報!StrongHands(筋肉コイン)のウォレットPoS Mintingが進まない

30日目に進展が!
StrongHandsのウォレットPoS Mintingが一歩前進!

そして今回、37日目になってさらに進展がありました!

 

これまでに起きていた問題

ウォレットPoS Minting開始から30日まで2つの問題が起きていました。

①成熟度が「transaction is too young」(背景が青色)のまま。
②進展度を表すCoin Dayも「ゼロ」のまま。

それが30日目に、①の成熟度に進展がありました。

ついに2段階目の「Transaction is mature(十分に成熟した状態)」になったのです!背景が緑色になっているのがその印です。

ただ、進展度を示す②「Coin Day」は相変わらずゼロのままでした。

 

今回の進展

今回37日目にして、ついに問題②「Coin Day」に進展がありました。

PoSの成熟度を表す(おそらくコインの枚数×日数から計算される)「CoinDay」がゼロではなくなったのです!

これでいままでおかしかった点が2つとも解消したことになります。

 

まとめ

StrongHandsを持っているとどんな理不尽なことがあってもくじけないようにしよう、と思えます。

わたしは以前、StrongHandsが勝手にハードフォークしたのを知らずに、セルフGOXしてしまいました
それでもまたネタで買ってみようかな、と思わせるのが、StrongHandsの不思議なところです。

今回のウォレットPoS Mintingでは1か月を超えるまで、成熟度が上がらないという問題に突き当たりましたが、少しずつ解消しているようです。
あとは成熟度が最高(Transaction has reached maximum probability)まで上がるかどうかが気になるところ。30日で1段階上がったので、次は60日目になるのではと思っています。

特に使い道がないStrongHandsなので、気長にウォレットPoS Mintingで遊んでみようかと思っています。

 

※2018年5月1日追記:ここで書いている内容はもともとの仕様で、問題ないということが分かりました。下記記事を参照ください。
ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする