便利ツール

MarsEditの価格と購入方法

Mac用のブログエディタMarsEdit。かなり使いやすいエディタです。

【入門編】Mac用WordPressエディタMarsEditの初心者でも分かりやすい始め方
MarsEditインストール直後のブログ紐付けエラーを解消する

さらにカスタマイズするとブログ執筆がはかどります。

MarsEdit編集画面の文字サイズ・フォントを変える
MarsEditで画像を入れると小さくなりすぎるのを直す
MarsEditで書くと空白行が消えてしまう問題を解消
MarsEditとAll in One SEOを連携させる!
MarsEditのプレビューの速度を上げる
MarsEditでよく使う機能をショートカット登録!
MarsEditと画像編集ソフトSkitchの相性がすばらしい!

さて、今回、2週間の無料お試し期間がすぎて、この先使うならお金を払ってねというメッセージが出たのでそのまま手続きをしました。

手続きはいたってかんたん。メッセージに従って進むだけです。

課金タイミング、価格

インストールしてから2週間、MarsEditを使って記事を書いた後「Send to Blog」ボタンを押してアップロードしようとした時にメッセージが出ました。

無料期間の14日が過ぎたから、全ての機能を使うならお金を払ってね、というメッセージです。

MarsEdit License

どうやら、お金を払わなくても、記事のダウンロードとローカルでの記事編集はできるようです。ローカルで書いたものを他の手段でアップロードできるか=無料のまま使い続ける意味があるのか、はわかりませんが。

金額は$49.99。支払いは1回のみ、買い切りです。

今後はおそらくサブスクリプション(月額課金)モデルに移行していくのでは。
利用者にとっても導入のハードルが下がる、アプリやOSのバージョンアップでも追加費用が発生しないというメリットがあり、アプリ制作社側も継続的な収入が入るため。

購入方法

「Purchase a Full License for $49.99($49.99でフルライセンスを購入)」から購入します。

最初にMac用AppStoreからダウンロードしていると、Apple IDとパスワードを入力する画面が出るので、入力すると

スクリーンショット 2018 06 10 22 05

日本円だと6千円でした。$50=5,500円なのでちょっと割高。

スクリーンショット 2018 06 10 22 07

「購入する」を押せば、支払いが終わります。支払いはAppStoreに登録したクレジットカードやiTunesコードから引き落とされます。

まとめ

MarsEditは2週間無料で使えますが、それ以降使うなら6千円(2018年6月時点)支払う必要があります。
手続きはいたってかんたん。あっという間に終わってしまいました。

以下も合わせて参照ください。

■MarsEditの基本カスタマイズ

MarsEdit編集画面の文字サイズ・フォントを変える

MarsEditで画像を入れると小さくなりすぎるのを直す

MarsEditで書くと空白行が消えてしまう問題を解消

MarsEditとAll in One SEOを連携させる!

MarsEditのプレビューの速度を上げる

MarsEditでよく使う機能をショートカット登録!

MarsEditと画像編集ソフトSkitchの相性がすばらしい!

■MarsEdit初期設定

【入門編】Mac用WordPressエディタMarsEditの初心者でも分かりやすい始め方

MarsEditインストール直後のブログ紐付けエラーを解消する

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする