コインチェックからLISKを送金するなら平日前がGood!

   


コインチェック使っているでしょうか?

わたしは2017年秋にコインチェックから仮想通貨の世界に足を踏み入れ、そのまま2018年1月のNEM盗難事件に巻き込まれました。

そんなわたしは今でもコインチェックのUXはすばらしいと思っており、復活を祈っています。
しかし存続の具体的な道が出ない限りはリスクが高いと考え、資産を引き上げると決めたため、コインチェックから資産を売却・送金中です。

 

LISK再開直後の送金(前回)

さて、仮想通貨LISKは、コインチェックからの送金・売却が先週末2018年3月23日に再開されました。
再開直後はコインチェックで送金手続きをしてから、送金先での着金まで最大3日もかかりました。金曜夜に手続き→月曜朝に着金です。

 

今回の送金

今回はひと晩で着金が確認できました。

送金もとのコインチェックで3/27(火) 夜10時すぎに手続きをしたら

送金さきのビットフライヤーで3/28(水) 朝10時すぎに着金。

約12時間かかっていますが、3日間かかったときにくらべ、ものすごくスピーディーになった印象です。

 

前回と今回の違い

3日間かかったときには、送金再開による一時的な殺到で時間がかかったのかとも思いましたが、今回の事例と合わせると、どうやらコインチェックが営業時間にしか送金を行っていないようです。

  • 3/23(金) 送金手続き  → 3/26(月) 着金
  • 3/24(土) 送金手続き  → 3/26(月) 着金
  • 3/25(日) 送金手続き  → 3/26(月) 着金
  • 3/27(火) 送金手続き →  3/28(水) 着金 ←今回

 

つまり、夜に手続きした場合、週末だと月曜まで待たされる。
翌日が営業日だと翌日届く状態です。

 

まとめ

数日待たされるのは心臓によくないので、コインチェックからの送金は翌日が平日のときをおススメします。

ただし、その場合も「絶対に本番の送金前に少額のテスト送金を行う。前に成功した送金先でもテスト送金する」ようにしましょう!
面倒ですがこれをしないと、いとも簡単にコインを失うリスクがあります!!

実際に経験したわたしの痛いエピソードを、ぜひとも反面教師にしてください。
セルフGOXなんて関係ない、と思うあなたに読んでもらいたい怖いお話

 

ちなみに今回は、小額のテスト送信で3日かかったものの無事着金を確認できたので、安心して残り全額を送金することができました。
もし最初に全額送っていたら3日間、またセルフGOXの影におびえながら過ごす日々だったでしょう

しつこいですが、テスト送金大事です!!
セルフGOXなんて関係ない、と思うあなたに読んでもらいたい怖いお話