資産運用全般

NISA口座のメリットと注意点

貯金箱2

資産運用に向け、まずはNISA口座を作ったものの、いくつか注意すべき点がありました。また自分が使っているマネックス証券へのリクエスト(苦情?)もご紹介します。

 

(おさらい)NISA口座のメリット

ご存知かと思いますが、超ざっくり言うと、株などで儲けても、税金がかからない制度。年間120万円までの株式などの購入について、売却時の利益が非課税になる(通常だと20%の課税)

マネックス証券によるNISAの解説

デメリットとしては、損が出たときに他の口座との損益通算ができない、などがありますが、初心者には大きな影響はないかと。
じぶんはNISAで株式・投資信託をはじめました。

 

NISA口座を開設するときの注意

意外と時間がかかる

自分はMonexでNISA口座を作りました。

WEB専門の証券会社なので、当然、サイト上で手続きがすぐに終わるかと思っていました。
が!実際は、住民票を取りにいって郵送したり、など、けっこう時間がかかりました。

もしNISA口座を作ろうと思っていて、この記事を読んでいるなら、すぐに申込みをしてしまいましょう。それだけ早く資産運用を開始できます。

ただしその場合、次に注意してください。

 

NISA口座を開設できるのは1つの金融機関のみ。変更は面倒

いろんな証券会社にNISA口座を作れば、120万円の枠がいくらでも増える!素晴らしい制度!!と思いましたが世の中そんなに甘くなかったです

NISAを開設できる金融機関は1つのみ。そして変更は1年に1回しかできない。という縛りがありました。
というわけで、NISA口座を開設する金融機関は慎重に選びたいものです。

・どういった金融機関にするか?
「証券会社」の他にも「銀行」「郵便局」「生命保険会社」でもNISA口座を作れるが、投資先が少ないので、素直に「証券会社」にしたほうがよい、というのがWEBの世論。自分もそうしました。

・どの会社にするか?
変更も面倒なので、証券会社の中でも決定は慎重に。とはいいつつ比較しているとキリがないので、ある程度、割り切ったほうがよいかと思います。
自分は外国株を現物で買いたかったので、外国株もNISA対象となり、使いやすそうなマネックス証券を選びました。
他にはたとえば、楽天で買物をよくするから楽天ポイントがたまる楽天証券にする!とかいう決め方もありだと思います。

 

マネックスのNISA口座

自分が使っているMonexのNISAの特徴を紹介したいと思います。厳しい指摘もしていますが、他の証券会社がどうなのか分からないので、マネックスに限らない話かもしれません。

マネックスNISAの良いところ

「外国株(米国株・中国株)」の現物がNISAの対象となることです。自分は、Apple・Amazonのサービスに惚れているので、「株を持つ」という手段で応援したいと、ずっとずっと思っていました。よって、外国株式でもNISAの対象になるのが魅力でした。

 

マネックスNISAのイマイチなところ

細かいところばかりですが、使っていていまいちと思う点。NISAに限らない話が含まれているかもしれません。ごめんなさい。

・IPOに「申込む」時点で、非課税枠が減る。
つまりIPOに当たるか分からないのに、非課税枠が一旦減ってしまう。
WEBで調べた情報が正しければ、ですが、他の証券会社では「当選した」時点で非課税枠を使うか、通常取引とするか、を選べるらしい。
マネックスの場合は、年の後半で残り非課税枠が少なくなってきたとき、うっかりIPOに申し込むと、当落がわかるまで身動きできない状況となってしまい、つらいです。
なお、IPOに外れると非課税枠は戻ります。これはマネックスのFAQにも書いていないし、ググっても出てこないし、最初にIPOに応募するときはドキドキものでしたが、外れたらちゃんと枠は戻っていました。

・サイトのUIがめちゃくちゃ。
サイトが3つに分かれてしまっています。①総合口座サイト、②NISA口座サイト、③NISA外国株口座サイト。
それぞれのUIが全く違い、使いづらいです。特に外国株のサイトは複雑すぎてカオス。

ちなみに、米国株サイトは毎週 土曜日 9:00~日曜日 14:00 の間メンテナンス中で取引注文を出せません。週末のほとんどの時間が使えず、日曜の夕方以降のみというのは、勤め人にはつらいでしょう。

①総合口座のサイト

②NISAのサイト

③外国株のサイト

 

・マネーフォワードというサービスと連携できるが、IPOに応募中の預り金が反映されない。
資産総額が把握できなくて、地味にきついです。ただマネーフォワード側で手入力で預り金を入力すればいいので、どうにか対応策はあります。

 

まとめ

NISAに関する注意点をまとめると以下の通りとなります。

  • NISA口座開設には時間がかかる。
  • NISA口座を作るなら証券会社(銀行とかではなく)がよい。どの証券会社にするかはじぶんに合っているかで判断しましょう。
  • マネックスは外国株もNISAの対象になる。(ただしサイトの使い勝手はよくない)

 

注意すべき点はあるものの、制度としてのNISAは、初心者としては利用しないともったいないものだと思います。

 

 

 

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする