取引のコツ

仮想通貨の資産管理は「クリプトフォリオ(Cryptofolio)」アプリが便利。草コインも幅広く対応

複数の取引所を通じて仮想通貨に投資していると、日本円での時価総額を把握するのが大変になります。

私の場合はこんな取引所で仮想通貨を持っています。

  • bitbank:リップル
  • Liquid:ビットコイン
  • CoinExchange.io:ストロングハンズ、ストロングハンズマスターノード
  • PCウォレット:XPChain

マネーフォワードでも仮想通貨の資産管理はできますが、国内取引所のみ。海外の取引所やウォレットの中の資産までは管理できません。

そんなときに役に立つのが「クリプトフォリオ(Cryptofolio)」アプリ。
最初にちょっと手間を掛けるだけで、自分が持っているコインの総額をリアルタイムで確認できるようになります。

非常に便利なので、海外の仮想通貨取引所を使い始めたら、ぜひ試してみてください。

1.持っている仮想通貨を登録して、資産の総額を把握する

クリプトフォリオアプリは、取引所とアカウント連携する形(マネーフォワードのような方式)ではないので、手入力で仮想通貨保有量を入力する必要があります。
また、クリプトフォリオのデータは、クラウドではなく端末に保管されるため、機種変更したり、2台のスマホを使っている場合は、それぞれの端末で入力が必要になります。

アプリを起動したら「保有資産」タブの「追加」ボタンから、持っている仮想通貨を追加していきます。

仮想通貨を選ぶには、取引所から選んだり、全通貨から検索などの方法があります。

登録したい通貨を選んだら、こんな感じ↓で持っている量を入力します。

登録が終わると、「保有資産」タブに保有している通貨の時価が表示されます。これはビットコインとCMSの2つを登録したところですが、合計金額が上部に表示されます。

これにより、仮想通貨の保有総額を簡単に把握できます。

複数の取引所を使うなどにより、資産が分散している場合、合算して時価を表示してくれるこの機能は本当に便利です。

2.その他の機能

「資産推移」タブで、これまでの資産額の推移を確認することができます。

「クリプトフォリオ」タブを選ぶと、日本円での時価に基づく、ポートフォリオを表示してくれます。

「ニュース」タブでは仮想通貨に関するニュースやブログを確認することができます。

3.気をつけないといけない点

クリプトフォリオアプリにも課題があります。

  • 入力したデータをクラウドで管理していないので、端末が変わると保有量などを再度入力しないといけない
  • 取引所とアカウント連携しているわけではないので、追加購入や売却をしたら自分で入力しないといけない

終わりに

私の場合、海外取引所やウォレットに預けているコインも含めて、持っている仮想通貨の時価総額を把握できるのがとにかく便利。

現在は無料ですが、お金を払ってもいいので安定的に運用してもらいたいと思っています。

ダウンロードはこちらから。

https://toushi-syoshinsya.com/cryptofolio-widget

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする