仮想通貨

初心者におすすめの仮想通貨の銘柄は

仮想通貨に興味がある人

仮想通貨始めたいけど種類がいっぱいあるよなぁ。ビットコインとかイーサリアムとかリップルとか。
どれが一番伸びるんだろう?
リスク分散のために何種類か買ったほうがいいのかな?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容
  • 最初に買うべき仮想通貨は何か
  • 複数の仮想通貨を買ったほうがいいか

私はサラリーマンですが、2017年から資産運用の一環として仮想通貨の取引を始めました。

2017年の仮想通貨バブルとその崩壊、2020年の人気再燃も経験しています。

これまでに得た知識と経験をもとに仮想通貨取引を続けることで、2020年は1年間で資産を1.6倍にすることができました

そして、2021年に入って3か月でさらに1.5倍に増やすことに成功しています

今回は、そんな私が経験から学んだ

  • 最初に買うべき仮想通貨は何か
  • 複数の仮想通貨を買ったほうがいいか

を紹介したいと思います。私も現在も実践しています。

最初に買うべき仮想通貨

仮想通貨を始めようと思ったときに最初に買うべきコインは、仮想通貨の代名詞ともいえる「ビットコイン」です。

仮想通貨にはさまざまな種類があります。たとえば仮想通貨取引所コインチェックで扱っているのは、ビットコインに加えリップル、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、ステラルーメン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、IOST、エンジンコインという14種類の通貨。

海外取引所に行けば、さらにマイナーなコインがそれこそ無限にあると言ってもいいほどです。

その中で最初に手を出すとしたらビットコイン一択です。その理由は2つ。「情報が多い」ことと「値動きがおだやか」なためです。

ビットコインは情報が多い

ビットコインは資産運用の世界でもメジャーな存在になってきています。個人投資家に加え、機関投資家も投資先として利用するようになってきています。

そのためビットコインは価格動向やその背景がニュースとして取り上げられることが多く、大きな変動時には新聞やテレビのニュースでも記事を見かけるようになりました。

それに対して他のコインはニュースになることは、盗難事件などをのぞくとまずありません。

専業トレーダーではない私のような人や初心者には、この情報の多さが生命線となります。

例えば、ビットコインなら価格が急騰したときに、その上昇が続きそうなのか、それとも一過性のものかをニュースが解説してくれるので、投資の判断がラクになるのです。

他のコインだとこのような情報がないので、値動きの背景を自分で調べたうえで売買の判断をしないといけません。

これが初心者や専業トレーダーでない人にはビットコインをおすすめする理由の一つです。

ビットコインは値動きがおだやか

ビットコインは他の仮想通貨に比べて値動きがおだやかです。

例えばこれがビットコインとリップルの1年間の値動きです。

ビットコインのほうが上昇・下落の傾きがゆるやかで、リップルはほぼ垂直に上下していることが見て取れると思います。

私自身も去年リップルに少し投資して、一気に2倍以上に上昇しうれしい思いをしましたが、その直後の急落に気が付かず、結局ほぼ買値で手放しました。

それでも安い時期に買っていたのでまだよかった。上がったところで購入していたらかなりの損を出すところでした。

ビットコインは価格の変動が比較的おだやかなので、価格上昇時にチャンスを拾いやすく、価格下落時には下がり切る前に売り抜けやすいという意味で、初心者や普段は仕事から離れられない人に向いています。

最初に買うべきはビットコイン

この2つの理由(情報が多い、値動きがおだやか)から、最初に取引する仮想通貨は「ビットコイン」がおすすめです。

複数の仮想通貨を買ったほうがいいか

私が以前悩んだのは、リスクヘッジのために、ビットコイン以外の仮想通貨(まとめてアルトコインと呼ばれます)も取引したほうがいいのか、という点です。

これについては4年間の経験から「ビットコイン以外の仮想通貨に投資先を広げるべきではない」と考えるようになりました。

その理由は①アルトコインもビットコインの値動きと同じ傾向なのでリスクヘッジにならない、②逆に暴落リスクを抱えてしまう、という2点です。

ビットコイン以外も同じ値動き

アルトコインを買えば、ビットコインの価格変動に対してリスクヘッジできる気がします。

実際のところどうなのか。各通貨の1年チャートを並べてみました。

ビットコインとその他コインでは大きな傾向の違いはありません。どちらかというとビットコインの値動きに引きずられて変動する傾向があります。

暴落リスクを抱える

前述の通り、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は値動きがひじょうに激しいものがあります。

ビットコインは価格下落時には下がり切る前に売り抜けやすいものの、アルトコインを持つことで損切りに失敗して損失を出すリスクを抱えることになります。

それでもアルトコインが気になってしまったら

とはいえアルトコインは急騰する銘柄もあり、興味をひかれることがあると思います。

どうしても気になるなら額を抑えて投資するべき。ビットコインの1/10くらいを目安に、ゼロ円になっても惜しくない額にしておくのがポイントです。

ただやはり、最初はビットコインに集中して投資するのがおすすめです。

まとめ

今回のまとめです。

最初に買うべき仮想通貨は「ビットコイン」がいい。理由は「情報が多い」「値動きがおだやか」なため。

複数の仮想通貨を買ったほうがいいか、はNo。「リスクヘッジにならず」「急落リスクを抱えてしまうため」

リスクヘッジのためには取引所を複数に分けることが大事ですがそれについては「仮想通貨初心者におすすめの取引所は」にまとめました。

私が使っている取引所はコインチェックビットフライヤーです。

【コインチェックの公式HP】

【ビットフライヤーの公式HP】

仮想通貨取引についてはこちらの記事も参考にしてください。

仮想通貨取引を始めるためにはいくらから必要?仮想通貨取引に興味がある人 こんな疑問に答えます。 私はサラリーマンですが、2017年から資産運用の一環とし...
仮想通貨取引の利益にかかる税金はいくら?黙っていればばれない?計算ツールやコツもご紹介仮想通貨取引で利益を出している人 こんな疑問に答えます。 私はサラリーマンですが、2017年から資産運用の一...
仮想通貨初心者が入れておきたい無料アプリ5選仮想通貨を始めたい人 こんな疑問に答えます。 私はサラリーマンですが、2017年から資産運用の一環として仮想...
初心者向け:仮想通貨の始め方とリスクをおさえるための2つの基本ルール仮想通貨を始めたい人 こんな疑問に答えます。 私はサラリーマンですが、2017年から資産運用の一環として仮想...
ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする