仮想通貨

初心者にもおすすめできる仮想通貨取引所はbitbankとLiquid。その理由は

2018年9月加筆修正しました。

昔のじぶん
昔のじぶん

仮想通貨の取引所ってどこを使うのがいいかなぁ?
コインチェックとかZaifとかハッキングされたし、どこにしたらいいの!?

ねなとう
ねなとう

最初に口座作るなら、この2つがおすすめだよ。

  • bitbank(ビットバンク)
  • Liquid (リキッド)

※この記事を読むのにかかる時間:約3分

わたしは、2018年1月のコインチェック、2018年9月のZaifの2件のハッキング事件に遭遇しました。

その経験も踏まえ、いまわたしが使っている仮想通貨取引所は、この2つ。初めて仮想通貨に投資しようと思っている方にもおススメ。

この記事のまとめ

おすすめの仮想通貨取引所は2つ。それぞれの特徴は

■bitbank

  1. アプリが使いやすい
  2. 手数料が安い
  3. 取引高が大きい(日本で1位)

■Liquid

  1. 自動売買サービスに対応
  2. 安全に配慮
  3. 取引高が大きい(日本で2位)

日本の仮想通貨取引所

日本の仮想通貨取引所は大きく2つに分けられます。

一つは、金融庁への登録が終わった「登録済み業者」。
もう一つは、登録制度ができる前から営業していたが、まだ登録されていない「みなし業者」。

登録済みだから安全とはいい切れませんが(ハッキングされたZaifを運営するテックビューロも登録済みでした)、これから選ぶなら、登録済み業者から選びましょう。

2018年9月時点の登録業者は以下の16社です。

取引所 取扱通貨
マネーパートナーズ (サービス未提供)
Liquid by QUOINE
↑利用中
BTC、XRP、ETH、BCH
bitFlyer (新規受付停止中)BTC、ETH、ETC、BCH、LTC、MONA、LSK
ビットバンク
↑利用中
BTC、XRP、BCH、LTC、MONA
SBIバーチャル・カレンシーズ BTC、XRP、BCH
GMOコイン BTC、XRP、ETH、BCH、LTC
ビットトレード BTC、XRP、BCH、LTC、MONA
BTCボックス BTC、ETH、BCH、LTC
ビットポイント BTC、XRP、ETH、BCH、LTC
DMM Bitcoin BTC、XRP、ETH、BCH、ETC、LTC、NEM
ビットアルゴ (サービス未提供)
Bitgate (新規受付停止中)BTC
BITOCEAN (サービス未提供)
フィスコ仮想通貨取引所 BTC、BCH、MONA
Zaif(テックビューロ) BTC、ETH、BCH、NEM、MONA
Xtheta (サービス未提供)

BTC=ビットコイン、XRP=リップル、ETH=イーサリアム、BCH=ビットコインキャッシュ、ETC=イーサリアム・クラシック、LTC=ライトコイン、MONA=モナコイン、NEM=ネム

※2018年9月時点。当ブログ調べ。

おススメの取引所

2018年9月時点で、初心者にもおススメできる、わたしが使っている取引所は2つ。

bitbank」と「Liquid」です。
その特徴をご紹介します。

 bitbank(ビットバンク)の特徴

bitbankは、リップル(XRP)を買うために使い始めましたが、なにかと使い勝手がいいので、今はメインの取引所になっています。
特徴は・・・

  1. アプリが使いやすい
  2. 手数料が安い
  3. 取引高が大きい(日本で1位)

特徴① アプリが使いやすい

ビットバンクにはスマホアプリがあり、これがとても使いやすいのです。
トップ画面では、その日の値動きを一覧で確認できます。

通貨を選ぶと、チャートや売買の画面に移動します。
どの画面も、スクロールしなくてすむ構成になっているので、全てのメニューが画面内にあり、直感的に使うことができるのが便利です。さらに、iOS版は、Touch IDなど生体認証にも対応しているので、安心して使えます。

他の取引所は、サイトがメインで、アプリは一部の取引しかできない、というところが多いのですが、bitbankはアプリで全て完結するのが良いところです。

特徴② 手数料が安い

手数料が安い、というか無料です。

全通貨ペア手数料無料キャンペーン

特徴③ 規模が大きい(取引高が日本で1位)

ビットバンクは日本でいちばん取引高が大きい取引所です。
世界では21位。2018年9月の24時間の取引高は173億円です。

出典:CoinMarketCap

取引高規模が大きいと、注文が通りやすくなる、というメリットがあります。

ビットバンクについてさらに詳しく見るにはこちら↓

ビットバンクの公式サイト

Liquidの特徴

次のLiquidは初心者でも経験者でも快適に使える取引所です。
特徴は・・・

  1. 自動売買サービスに対応
  2. 安全に配慮
  3. 取引高が大きい(日本で2位)

特徴① 自動売買サービスに対応

Liquidは2つの仮想通貨の自動売買サービスに対応しています。
「クオレア(QUOREA)」と「マネコ(moneco)」です。

自動売買サービスは、自動で上級者の取引をトレースできるもの。
初めて仮想通貨に投資するときも、上級者に取引を任せるイメージなので向いています。

詳しくはこちらで紹介しています。

仮想通貨自動売買ロボのクオレア(QUOREA)のメリットと評判!成績も公開中!

マネコ(moneco)のメリットと評判!フォローするだけで24時間自動で仮想通貨投資

特徴② 安全に配慮

Liquidは、コインチェック事件の前から、セキュリティ対策に力を入れています。

Zaif事件を受け、改めてプレスリリースを出しています。
以下引用です。特に出金はめんどうに思えるほど厳重な手続きになっています。

従前からご案内しておりますが、弊社では、お客様の大切な仮想通貨資産を安心安全に守るべく、以下のセキュリティ対策を実施しております。
【セキュリティ対策】
・100%コールドウォレット管理
・マルチシグ対応 (BTC, BCH対応済)
・出金先の仮想通貨アドレスのホワイトリスト化
・API経由での出金の禁止
・お客様の出金依頼から完了まで以下4段階のステップを設定
  1. 出金依頼
  2. 2段階認証(2FA)
  3. お客様への出金依頼内容確認メール送付およびお客様による出金内容の再確認
  4. 弊社専任スタッフによるオフライン環境での出金作業

・WEB/スマホアプリでのログイン時も2FAの必須化

また、下記のとおり、組織体制の構築や包括的なセキュリティチェック等、弊社ガバナンスを強化した上での実効性のある運用を既に行っております。
【組織・体制対策】
・CEO栢森を中心とした危機管理委員会の設置
・第三者機関の外部専門家によるセキュリティチェック
・コールドウォレットが実装できない仮想通貨の取扱禁止
・外部のみならず内部犯行防止の為の各種施策

 

特徴③ 規模が大きい(取引高が日本で2位)

Liquidは、日本ではbitbankに次いで2番目に取引高の多い取引所です。
世界では27位。2018年9月の24時間の取引高は116億円です。

出典:CoinMarketCap

取引高規模が大きいと、注文が通りやすくなる、というメリットがあります。

Liquidについてさらに詳しく見るにはこちら↓

Liquidの公式サイト

まとめ

メインで使う仮想通貨取引所は、使い勝手と安全性を重視したいところ。
その観点でわたしが今使っていて、初心者にもオススメできる取引所は・・・

ビットバンク(bitbank)

ビットバンクなら手軽にお得に取引できます。

  1. アプリが使いやすい
  2. 手数料が安い
  3. 取引高が大きい(日本で1位)

ビットバンクについて詳しく見る

Liquid (リキッド)

自動売買が使えるので口座を持っておきたい取引所です。

  1. 自動売買サービスに対応
  2. 安全に配慮
  3. 取引高が大きい(日本で2位)

Liquidについて詳しく見る

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする