仮想通貨

クリプトブリッジのBCOステーキングがさらに迷走!いい意味で

仮想通貨取引所クリプトブリッジ(CryptoBridge)をご存知でしょうか。

セキュリティが高い分散型取引所(DEX:Decentralized EXchange)で、取扱い通貨も豊富。私もXPやビットゼニー、ストロングハンドといった草コインをここで買いました。
海外取引所ですが日本語対応しており敷居も低いかと思います。

そのクリプトブリッジは自ら仮想通貨ブリッジコイン(BCO)というものを発行しています。
取引所が発行する仮想通貨という意味では、バイナンスにおけるBNB、ZaifにおけるZaifトークンと同じような位置付けです。

仮想通貨取引所クリプトブリッジが発行するコイン、ブリッジコイン(BCO)の買い方

 

このBCOはマイニングのようなものとして「ステーキング」という仕組みを提供しています。

報酬がおもしろく、2018年3月まではクリプトブリッジで扱っている通貨すべてで報酬が配られてきました。最後は125種類のコインにまでなりました!
さすがに管理できないと苦情が入ったのか、4月になると報酬の通貨が3種類にまで急減しました。

そして、2018年5月に入ってさらに変な報酬が届いたので、今回はその報告です。

 

 

ブリッジコインのステーキングとは?

クリプトブリッジ取引所が発行するブリッジコイン(BCO)のステーキング(マイニングみたいなもの)。その概要と始め方についてはこちらの記事をご覧ください。

クリプトブリッジのコインBCOをステーキングする(マイニングみたいなもの)

 

ブリッジコインのステーキング報酬で何がもらえる?

BCOのステーキングでもらえる報酬は、下記の通り急激に変わりました。

クリプトブリッジ取引所が迷走!マイニング報酬が激変

  • 2018年3月まではクリプトブリッジ取引所に上場している全てのコイン少しづつ。最後は125種類!
  • 4月1回目は6種類(BTC、LTC、BCO、SMART、RVN、ALQO)に急減
  • 4月3回目は3種類(SMART、RVN、ALQO)へとさらに半減

 

今回起きた不思議な事象

さて今回の本題です。不思議な現象が2つ起きました。

①変なタイミングでBTC、BCOの2種類だけ送られてきた。送り主もいつもと違う。
②ステーキング報酬のコインの種類が一転して増加。6種類に増えた。

上のキャプチャの通り、

①はステーキング報酬の1日前に送られてきました。
コインはビットコインBTCとブリッジコインBCOの2種類のみ。
送り主は「cryptobridge-maker-payouts」。通常のステーキング報酬の「cryptobridge-payouts」と微妙に違います。
これははたして何かの報酬なのか?謎です。

②は通常のステーキング報酬のはず。
ただ、前回3種類まで減ったコインの種類が、6種類に増えています。

 

これで、ステーキング報酬のコインの種類はこのように推移したことになります。
59種類→98種類→125種類→6種類→6種類→3種類→(2種類)→6種類

急に減らしたのに、また増えたり、と迷走を繰り返し始めました。

 

ステーキング報酬の額は?

種類は置いておいて、額が気になるところです。

初回からの報酬額の推移です。元手は7万円分のBCO、それぞれ2週間での報酬額です。

  • 6円 ←59種類
  • 72円 ←98種類なので適当
  • 100円くらい ←125種類なので計算諦める
  • 25円 ←6種類
  • 8円 ←6種類
  • 3円 ←3種類
  • 42円 ←2種類(今回①)
  • 21円 ←6種類(今回②)

 

規則性が見出せませんが、増加傾向にあるように見えるので、素直に喜びたいと思います。

2週間で20〜40円なので、1か月でアイスが買えるかどうか、ですが・・・

 

まとめ

クリプトブリッジ取引所が発行するトークン、ブリッジコイン(BCO)のマイニング報酬は迷走を続け、一時125種類→3種類まで減ったものの、また6種類まで増えました。

報酬は微増したものの、雀の涙みたいなものです。

 

ステーキング報酬は「クリプトブリッジの利益の半分を、ステーキング参加者で分配する」ということなので、

  • クリプトブリッジの利益が出ていないのか
  • クリプトブリッジの利用者(ステーキング参加者)が増えているのか

せめて後者だと信じて、BCOの価格自体が上がることに、淡い期待をもつことにします。
と思って価格を見ると、4月から回復基調ですね!

 

なにはともあれ、この取引所のいい意味での迷走っぷり※はおもしろいので、当面ステーキングを続けるつもりです!

日本で人気のモナコイン、ビットゼニー、XPをいち早く扱いはじめる毎日新しい仮想通貨を上場させ続ける。ステーキング報酬を125種類のコインでばらまく、そして突然3種類まで減らす。そしてまた6種類まで増やす(今回)など。

黎明期の仮想通貨業界での「迷走」は、新しいことにチャレンジする試行錯誤の結果だと思ってます。
これからもチャレンジしつづけて、いいものを産み出していってもらいたい、という気持ちで、勝手に応援しつづけることにします!

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする