仮想通貨

朗報!?クリプトブリッジのステーキング(マイニング)報酬がシンプルに!報酬率は?

仮想通貨取引所クリプトブリッジ(CryptoBridge)をご存知でしょうか。

セキュリティが高い分散型取引所(DEX:Decentralized EXchange)で、取扱い通貨も豊富。私もXPやビットゼニー、ストロングハンドといった草コインをここで買いました。
海外取引所ですが日本語対応しており敷居も低いかと思います。

そのクリプトブリッジは自ら仮想通貨ブリッジコイン(BCO)というものを発行しています。
取引所が発行する仮想通貨という意味では、バイナンスにおけるBNB、ZaifにおけるZaifトークンと同じような位置付けです。

仮想通貨取引所クリプトブリッジが発行するコイン、ブリッジコイン(BCO)の買い方

 

このBCOはマイニングのようなものとして「ステーキング」という仕組みを提供しています。

報酬がおもしろく、これまではクリプトブリッジで扱っている通貨すべてで報酬が配られてきました。

しかしある問題が起き、2018年4月に改善が入りました。今日はその改善の内容と、報酬率に変化があったのか、を報告したいと思います。

 

そもそもブリッジコインのステーキングとは

ブリッジコイン(BCO)の「ステーキング」とは、他のコインでいうマイニングのこと。

クリプトブリッジが上げた利益の半分が、ステーク参加者に配られます。クリプトブリッジ取引所の説明は以下のとおりです。

BCOをステーキングしている人には、CryptoBridge分散型取引所から取引収益の50%を得る資格があります。
ステーキングはあなたが以下で指定した期間コインをロックします。
ステーキング期間中は自動的に払い出しの一部を受け取ることができます。支払いは隔週で行われます。
長期間のステーキングには、大きい支払い係数がつきます。

つまり、BCOをステーキングすると
・自分が決めたステークキング期間中は、BCOを引き出せなくなる
・クリプトブリッジの利益の50%を受け取る権利を得られる
・ステーキング報酬の支払いは2週に1回
・ステーキング期間に応じてボーナスがもらえる。
1ヶ月:0%ボーナス
3ヶ月:20%ボーナス
6ヶ月:50%ボーナス
12ヶ月:100%ボーナス

長期間預けるとおまけも大きいという点では、定期預金と同じ概念ですね。また利益を配分するという意味では株式の要素も含んでいます。

ステーキングを始める方法はこちら:クリプトブリッジのコインBCOをステーキングする(マイニングみたいなもの)

 

BCOステーキングで起きた問題

これまでBCOのステーキング報酬は、クリプトブリッジに上場しているコインすべてで配られていました。

最初は聞いたこともない、超マイナーなコインが無料で手に入って、夢があるなぁと感じたのですが・・・

毎日新しい通貨が上場するクリプトブリッジです。上場している通貨=ステーキングでもらえる通貨はこのように増えていきました。

  • 2017年2月上旬   59種類
  • 2017年2月中旬   98種類

そして、2018年3月上旬にはついに3桁を超え、125種類のコインが配られる状態に

クリプトブリッジのトークンBCOのステーキングでもらえる草コインの種類がついに3桁に・・・

 

こうなると、いろんなコインが手に入る楽しみよりも、いくら手に入ったのか数える手間と、交換する手間でうんざりしてきます。

私は日本円で計算するのは諦めました。
また、ビットコインのようなメジャーな通貨に交換しようにも、1通貨あたりのコイン数が少なすぎて交換できないものもでてくる始末。

交換できない草コインはただの草だと思い知らされました。

 

ステーキング報酬が改善された

そんな問題が2018年4月に改善されました。

ステーキング報酬のコインが6種類に絞られたのです。

残った6種は

  • BTC(ビットコイン)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCO(ブリッジコイン)
  • SMART(スマートキャッシュ)
  • RVN(レーベンコイン)
  • ALQO(アルコ)

BTC、LTC、BCOは分かりますが、SMART、RVN、ALQOというのはなぜ選ばれたんでしょうか。どんなコインか、いずれ調べていこうと思います。

 

ステーキング報酬の額

実際にもらえたステーキング報酬は以下の通りです。

2週間に一度もらえ、2回分表示しています。

 

計算すると以下の通りです。価格は2018年4月19日時点。

通貨 1回目 2回目
1回目

2回目
SMART 0.0146 0.0147 0.4 0.4
RVN 0.6578 0.2607  2.6 1.0
LTC 0.00005 0.00002  0.8 0.4
BTC 0.00002 0.00001 20.0 5.3
BCO 0.00085 0.00078  0.2 0.1
ALQO 0.01737 0.00818  0.6 0.3
合計 24.5
7.5

 

計算が楽になったのはいいのですが・・・

元手が7万円。
報酬は、2週間で24.5円、7.5円。年で640円、200円・・・

⇒年率0.9%、0.3%・・・これまでは0.4%、3.4%だったのであまり変わらず。

そして元手はBCOの下落で、▲5万円ほどのマイナス。

ステーキングだけで考えると、超ハイリスク低リターンな投資です。

 

まとめ

ブリッジコインのステーキングはこれまで、報酬のコインの種類が100種以上と多すぎて、計算できない・集約できないのが難点でした。

それが今回の改善で6種類に絞られ、わかりやすくなりました。

 

しかし報酬率の低さは相変わらず。
報酬はクリプトブリッジ取引所の利益に比例するのですが、いまのところ利益がほとんど出ていないということでしょう。もしかすると赤字で持ち出しなのかも。

というわけで、ステーキング報酬を目的にブリッジコインを購入するのはおススメできません。

 

ただ分散型取引所(DEX:Decentralized EXchange)はこれから需要が増えると思うので、わたしはBCO自体の価格が上がっていくことに期待しながらステーキングを続けてみようと思います。

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする