iPhone X買って失敗!Apple Pay使ってるならiPhone 8の方がいい

      2018/06/19


iPhone Xに2017年10月の販売開始のタイミングで飛びつきましたが、4か月使い込んだ結果、元々使っていたiPhone 7に戻しました。

4カ月使って分かったPhone XとiPhone 7(今なら8)の違いをご紹介します。
結論からいうと、この2つは、以下のように使う人を選びます。

 

■iPhone 8, iPhone 7が向く人

  • Apple Payを使っている
  • 仕事の休憩時間にiPhoneをいじってしまうくらいスマホ中毒である
  • 仕事などでAndroidやガラケーとの2台持ちが必要

 

■iPhone Xが向く人

  • 動画をよく見る
  • CPUパワーが必要な作業をする(ゲームなど)

 

詳しく見ていきます。

 

iPhone 8, iPhone 7のメリット

iPhone 8, 7が向いている方の理由は以下の通りです。

  1. Apple Payを使っている
    ⇒Apple Payの支払いのときに指紋認証の方がはるかにスムーズ
  2. 仕事の休憩時間にiPhoneをいじってしまうくらいスマホ中毒である
    ⇒指紋認証(Touch ID)が顔認証(Face ID)よりずっとスムーズなので、ロック解除が素早くすみ、ストレスが少なくてすむ
  3. 仕事などでAndroidやガラケーとの2台持ちが必要
    ⇒軽さ・コンパクトさで勝っている

それぞれを見ていきます。

 

Apple Payが使いやすい

私はApple Payを非接触決済のiDでよく使っています。iPhone Xではだいぶ使い勝手が変わってしまいました。

  • iPhone 7, 8(指紋認証):
    ①ホームボタンに指を置きながら、レジの読取り機にiPhoneをかざす(Touch IDで認証)
    ⇒支払い完了
  • iPhone X (顔認証):
    ①電源ボタンをダブルクリック
    ②内側カメラに視線を向ける(Face IDで認証)
    ③レジの読取り機にiPhoneをかざす
    ⇒支払い完了

なんでこうなってしまったんでしょうか・・・

さらに、上記の手順を踏まないで、事前に認証せずに読取り機にかざすとこうなってしまいます。

つまり、間違って先に読取り機にかざしてしまうと、4ステップになってしまいます。
①かざす⇒②電源ボタンをダブルクリック⇒③顔を向けて認証⇒④もう一回かざして支払い

せめて、
①かざす⇒②内側カメラに視線を向ける(Face IDで認証)
であればTouch IDとあまり変わらなかったのに。なんでこうなってしまったんでしょうか。米国では非接触決済があまり使われていないのか。

いずれにせよ、指紋認証のiPhone 7,8はホームボタンを押しながらかざすだけで支払い完了、というわけで、Apple Payを使うなら圧倒的に便利です。

 

ロック解除がスムーズ

iPhone 7, 8は指紋認証(Touch ID)ですが、iPhone Xは顔認証(Face ID)を採用しました。Face IDはTouch IDに比べてセキュリティが上がったといわれています。

ただ、この認証方法の変更により、ロック解除のスムーズさが失われてしまいました。ロック状態の解除の手順は以下の通りです。

  • iPhone 7, 8(指紋認証):
    ①ホームボタンを押す(Touch IDで認証)
    ⇒ロック解除
  • iPhone X (顔認証):
    ①持ち上げる、もしくは画面のどこかに触って内側カメラを有効にする
    ②内側カメラに視線を向ける(Face IDで認証)
    ③画面下部から上にスワイプする
    ⇒ロック解除

iPhone Xでは2段階増えてしまいました。
「①カメラを有効にする」はしょうがないとして、「②Face IDで認証」がスムーズではない点、「③下からスワイプ」を無くせないこと、がさらにストレスを増します。

まず、「②Face IDで認証」がうまくいかない場合が多すぎます。たとえば下記の通りですが、これらは全て指紋認証では起きない問題のため、ストレスが溜まります。
・距離が離れている、画面に対し斜め
・暗い。電気を消して布団の中にいるときなど
・寝起き。顔がむくんでる?横向きだから?

次に、「③下からスワイプ」ですが、これはなぜ必要だったのか?
たまたま視線が合ってしまったときに意図せずロック解除されてしまうことを防ぐためかもしれませんが、そうなら、設定で「◯秒視線が合ったら」というメニューを設ければ解決します。

しかも困るのは、この「下からスワイプ」ができなくなることがあるという点です。完全にバグだと思うのですが、下からスワイプしても少ししか持ち上がらず、解除できなくなることがあります。
そうなると電源オフ⇒再起動しかありません。いずれOSアップデートで解消するとは思いますが。

 

それに対して、指紋認証のiPhone 7,8はホームボタンを押すだけでロック解除というわけで圧倒的に便利です。

 

コンパクトさ

iPhone XはiPhone 7,8に比べて、だいぶ大きくて重くなってしまいました。

iPhone 7:13.8×6.7×0.7cm、138g(iPhone7) 148g(iPhone8)
iPhone X:14.4×7.1×0.8cm、174g

iPhone Xを持った後にiPhone 7,8を触ると、笑ってしまうほどに「軽っ!薄っ!」と感じます。

Androidやガラケーと2台持ちしないといけない場合は、iPhone Xは厳しいでしょう。

 

iPhone Xのメリット

次にiPhone Xが向いている方の理由は以下の通りです。

  1. 動画をよく見る
    ⇒画面が圧倒的に大きく、画質も良い
  2. CPUパワーが必要な作業をする(ゲームなど)
    ⇒CPUパワーが圧倒的に強い

それぞれを見ていきます。

 

動画の見やすさ

iPhone XはiPhone 7,8に比べて、圧倒的に画面が大きく画質もきれいです。

iPhone 7,8 iPhone X
4.7インチ 5.8インチ
1,334 x 750
ピクセル
2,436 x 1,125
ピクセル
326ppi  458ppi
1,400:1
コントラスト比
1,000,000:1
コントラスト比

というわけで、特に動画を見るにはiPhone Xが最適だと思います。

 

CPUパワーがすごい

iPhone X,8 はiPhone 7より新しいチップを使っています。

iPhone 7 :A10 Fusionチップ
iPhone X,8:A11 Bionicチップ

ベンチマークアプリでもかなりの差が出ています。

【iPhone 7】

【iPhone X】

CPU負荷の高いゲームなどにはiPhone Xの方が有利でしょう。

 

まとめ

iPhone Xがいいか、iPhone 8, 7がいいかは、Apple Payを使うか、Face IDを許容できるか、で決まると思います。

 

こんな方は迷わず7,8を使いましょう、安いし。Xに変えた私は7に戻しました。

  • Apple Payを使っている
  • 仕事の休憩時間にiPhoneをいじってしまうくらいスマホ中毒である
  • 仕事などでAndroidやガラケーとの2台持ちが必要

 

こっちを重視するならiPhone Xです。

  • 動画をよく見る
  • CPUパワーが必要な作業をする(ゲームなど)

 

もし、不幸にも入手してから自分に合わなかった!と思ったらSIMフリーにしてリリースしましょう。iPhoneは消耗品ではなく資産なのです。ということで買う前&買ったらすぐにこれを忘れずに!

 

【参考】筆者愛用のスマホケース・フィルム

手放すiPhoneはオークションに出すと高く売れることがあります。そのために大事なのは今回紹介した「SIMフリー化すること」と、「ケース・フィルムを付けてきれいに使い続けていること」。

iPhoneを5S→7→X→7と使い続けている筆者は、これまで数えきれない数のケース・フィルムを使ってきました。

その中で今も愛用しているのは・・・

スマホケース

  • 薄さ:厚さ0.8mmというのは着けていることを忘れるくらいの薄さです。
  • 目立たない:透明な薄いシリコンなので、ぱっと見るとケースを着けていないように見えます。
  • 黄ばんだら無料で代わりがもらえる:黄ばんだら1回ですが新品を送ってくれます。手元のケースを返送する必要もないし、この前まで必要だった写真を送る必要もなくなりました。
  • 安い:Amazonで買うとだいたい1,000円以下です。プライム会員だと送料もかからないし、こんなに安くていいのかなぁ、と思うほど。

本当はiPhoneのデザインを活かして裸で使いたいけれど、傷がつくのが心配という方におすすめです。
デザインに影響を与えず、しっかりiPhoneを守ってくれます。シリコンなので滑り止めになって落としにくいのも安心感が増します。

わたしの場合、安いのでとりあえず、と思って買いましたが、そのまま何個も買い続けることになりました。

保護フィルム

気に入っているポイントは

  • ものすごく貼りやすい:スマホに液晶フィルムを貼るのは10回以上経験していますが、いまだに緊張します。
    とくに左右上下の位置を合わせるのが難しい。貼ったりはがしたりしているうちにホコリが入って大変な目に何度かあいました。
    このフィルムはそれをおもしろい方法で解決しています。フィルムの台紙に充電ケーブル用の穴を開け、そこにケーブルをさして貼りつけるとぴったり位置が合うというものです。
    これがラクすぎて特許取れるのでは?と思うくらい。
  • ガラスフィルムに比べて薄くて違和感がない:ガラスフィルムも使ったことがありますが、厚さのせいで画面端からスワイプするときなどにフィルムの端で段差を感じました。その点、こういったフィルムの方が薄くて違和感がありません。
  • 安物に比べて透明度が高い:ケースについてくるおまけのフィルムと比べると透明度が高いのか、明らかに見やすくきれいです。

 

以上、これまでいやというほどケースと保護フィルムを試したわたしが、現在愛用しているケースとフィルムでした。