デジタル機器

Macで外付けHDDを認識しない状態を解消できた・・・

昔のじぶん
昔のじぶん

がーん!
ビデオや写真をバックアップしていた外付けハードディスクが、Macから認識されなくなっちゃった!
しかも、用心して2台のHDDにバックアップしていたのに、両方とも同時に!

ビデオで撮った動画はこのHDDにしか残していないので、子供が赤ん坊だった頃からの思い出のビデオが二度と見られなくなっちゃう・・・
これは悲しい、悲しすぎる・・・

ねなとう
ねなとう

落ち着いて。
ハードディスクにアクセスできない問題は、自分で解決できる場合があるよ。

まずは、存在は見えるけどアクセスできないハードディスクを、無料版のデータ復旧ソフトでチェックしてみよう!

結論からいうと復旧できました!

データ復旧の方法

ググってみると、データ復旧の方法は大きく分けると2つ。

  1. データ復旧専門業者に依頼する
  2. 自分でどうにかする

それぞれメリット・デメリットがあります。
ただ調べてわかったのは、データ復旧業者に依頼するとなんと10万円ほどかかってしまう!ということ。

であれば、素人がいじることによるデータ消失のリスクはあるものの、少しは自分で復旧にトライしようと思いました。

実際に自分で復旧した方のブログも見つけたので、これも後押ししてくれました。
こちらのブログ主様には大変感謝しております。

SECONDNOTE:【完全保存版】Macで外付けHDDが認識しない!復旧業者に出す前に確認すべきこと

状況の確認

2つの外付けHDDに同じ内容のバックアップを取っていました。

  • USBでMacに接続しても、どちらもFinderに表示されません
  • ディスクユーティリティで見ると、片方だけ表示されます。ディスクユーティリティの起動は、Finder起動→上部メニューの「移動」→ユーティリティ→ディスクユーティリティから。

ディスクユーティリティで表示されるHDDをHDD①、表示されないHDDをHDD②と呼びます。

HDD②はMacから全く認識されないので、物理的に壊れている可能性が高いと判断しました。
別の方法で対応して解決しました。

あわせて読みたい
バッファローの外付けハードディスクHD-HSを分解して復活させる外付けハードディスクが2台同時に故障してしまいました。HDD①、HDD②と呼びます。 その2台にしか残していないビデオ動画があった...

それに対しHDD①はディスクユーティリティでは表示されるので、問題はおそらく論理的な故障のはず。
アクセスもできるのでファイル復旧ソフトでどうにかなるのでは、と考えました。

アクセスできるといっても、HDD①はディスクユーティリティではこのように表示されています。
左端にある「LACIE」がHDD①ですがグレーアウト。
マウントもできないし「ディスクを検証」ボタンを押すと「修復する必要があります」と出ます。

指示の通り、今度は「ディスクを修復」ボタンを押すと、「修復できません。できるだけ多くのファイルをバックアップしてください」と出ます。

バックアップしたいんだけどできないから、修復しようとしてるのに!!
中のファイルも壊れているのでは、と非常に心配になってきました。

中のファイルが生きているか確認

せめて、中のデータが生きているかだけでも確認する方法がないか考え、以前プレイステーション3につないでHDD内の動画を見たことを思い出しました。

USB接続でつなぐとHDDがあることとフォルダ構成まで確認できました。
また、しばらく待つと、フォルダの中の動画ファイルも再生できることがありました。

ということは中のファイルは生きている!!
希望を持って復旧に挑むことにしました。

いざ復旧

復旧にトライします。まず先ほどのブログを参考に、HDD①の完全コピー(クローン)を作ることにしました。

SECONDNOTE:【完全保存版】Macで外付けHDDが認識しない!復旧業者に出す前に確認すべきこと

流れは以下の通りです。

  1. 問題のHDD①のクローンHDDを作る
  2. クローンHDDにデータ復旧ソフトを使ってデータ救出にトライする
  3. データ救出ができなかったらHDD①をデータ復旧業者に出す

元のHDD①をできるだけそのまま残し、最後の手段で復旧業者に出すときのために残しておき、クローンでデータ復旧を試みる作戦です。

HDDのクローンを作る

結論からいうとクローンの作成はできませんでした。

クローン作成の手順は

  1. ハードディスクのクローンを作る機器と、新しいHDDを入手
  2. 問題が起きているHDD①を裸の状態にする
  3. 新・旧のHDDをクローン機器に挿して新HDDをクローンにする

まずクローン機器とHDDの購入です。先ほどのブログで実績のある機器にしました。SEAGATEのHDDとinateckというメーカーのクローン機器です。
ハードディスクドライブはコピー元が2TBなので、大きめの3TBを買いました。

新しく買ったHDDをスタンドに挿してUSB接続すると、ディスクユーティリティでちゃんと認識されました。
なお、クローンにするならフォーマットは必要ないのでここでは何もしません。

次に外付けHDD①を分解。私の場合はLaCieというブランドの外付けハードディスクでしたが、どこのメーカーであってもググると分解の方法が出てくると思います。
分解して裸の状態にすることでクローン機器に挿せるようになります。

 

このHDD①をクローン機器に挿し、MacにUSB接続してみましたが変わらずFinderでは表示されず、ディスクユーティリティではグレーアウトのまま。

さて、旧HDDは問題が起きている、新HDDは問題なし、とわかったところでクローンを作ります。
先ほどのクローン機器に2台のHDDを挿し、待つだけです。
Macにつなぐ必要もなく、機器のボタンを押すだけ。

しかしここで一番の問題が起きました。
クローン作成が進むと本体のインジケータが進んでいくはずなのに、一晩待っても全く進まない。
さらに丸一日待っても変わらず。

クローンによるバックアップからの復旧は諦めて、問題のHDD①から直接復旧を目指すことにしました。

クローンを作れなかったことから旧HDD①に大きな問題が起きているのでは、という心配と、もし直接いじることにより問題が取り返しの付かないことになったら、という不安まじりの出発です。

データ復旧ソフトによる修復

ついに本丸、データ復旧ソフトによる修復です。

ここで想定外の急展開がありました。

取りかかる前に、復旧したデータを退避させる新しいHDDを用意しておきます。
私はクローン用に買ったHDDをフォーマットして準備しました。

次に、データ復旧ソフトのインストール。
上記のブログで紹介されていて、アマゾンでも評判のいいData Rescueを使いました。

データレスキューのHP

まずは無料版をインストール。
復旧はできないものの、データを救い出せるか確認できます。
救い出せるのであれば有料版を買って救出、ダメなら復旧業者にお願いするつもりです。

データレスキューを起動するとこのようなシンプルで分かりやすい画面に。
「ファイルの復旧を開始する」を押して進みます。

接続されているドライブを選ぶ画面になります。
問題のHDD①は「名前:ボリューム1、内容:未知」となっており、ここでもグレーアウトされています。
そこで、ちゃんと黒字になっている一階層上の「ASMT ASM1156-PM」をクリックすると・・・

あれ、なんか配下に「LACIE」と出てきた。黒字になっているし、内容も「FAT32」と認識されている。

・・・?

とりあえずディスクユーティリティをもう一回確認してみるか。
・・・?あれ、ちゃんと表示されている??

ということはFinderでも?
・・・表示されている!中身も見られる!!!
ファイルにアクセスして、Macへのコピーまでできました。

こうなったらとにかく急いで重要なファイル(ビデオの動画)から新HDDにコピーです。

つまり、

  • Finderに表示されない
  • ディスクユーティリティでは表示されるが故障と判断される
  • クローンHDDも作ることができない

こんな状態のHDDが、突然普通に使えるように復活したのです。

「データレスキュー」ソフトを起動した直後のできごとなのですが、このソフトのおかげかは分かりません。
そもそも無料版なので復旧機能は使えないはずなので。

まとめ

壊れたと思ったHDDを、結果的には自力で復旧することができました。
振り返ってみると何が効いたのか、はっきりしたことは言えません。

また、自力で復旧を試みるのか、データ復旧業者にすぐ渡したほうがいいのか、は未だに分かりません。

私の場合は運がよかったのかもしれません。
データレスキューのHPにも、「データ復旧を行う場合に最も重要な点は、データ復旧したいディスクの使用を一切停止すること」とあるからです。

いずれにせよ、今回の事象は2台のHDDが壊れたことに端を発します。
どちらも1年近く使っていなかったので、どちらかが先に壊れたものの気が付かなかったんだと思います。

  • バックアップのチェックはこまめに!
  • できれば同じ媒体ではなく、HDD+クラウドやブルーレイなど違う媒体で!

2つ目はすぐに取ったほうがいい対応なので模索してみます。

そして、もし今バックアップを取っていない、もしくはHDD一つだけでバックアップを取っているのであれば、まずはもう一つバックアップを取っておきましょう。

わたしが今使っているのは、HDD単体と別売りケースの組み合わせです。これならケースの配線が不調な時、HDDの容量が足りなくなったときに片方だけ買い換えればすみます。

今回使った機器はこちらです。

 

同時にアクセスできなくなったHDD②は分解して復活させることができました。

あわせて読みたい
バッファローの外付けハードディスクHD-HSを分解して復活させる外付けハードディスクが2台同時に故障してしまいました。HDD①、HDD②と呼びます。 その2台にしか残していないビデオ動画があった...

 

 

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする