設定してない時間にiPhoneのアラームが鳴る!の解決法

      2018/06/19


1週間ほど前から、アラームを設定しない時間にiPhoneのアラームが鳴る、という怪奇現象に悩まされるようになりました。

かんたんな方法で解決したので、備忘も兼ねてメモします。

 

起きた事象

わたしはiPhoneを目覚まし時計として使っています。

しかし、数日前から目覚ましとして設定していない時間に、iPhoneが鳴るようになりました。

それも普通のアラーム音ではなく、小さくソフトな音です。最初電車の中で気がついたときには、電車放送でおしゃれなBGMを流し始めたんだなぁ、と思いました。

じぶんのiPhoneから音が出ているとわかったものの、なぜアラームを設定していない時刻に鳴るのかがわからないまま数日が過ぎました。

 

解消法

アラームアプリをいじっているときに気付きました。

「ベッドタイム」という見慣れないタブがあることに。

このようにアラームは7時すぎに設定しているだけなのに、変なアラームは8時すぎに鳴ります。↓ そこで「ベッドタイム」タブを押してみると・・・

 

やはり!起床時刻として8時すぎが設定されていました!!
設定した記憶ないのに・・・と思いつつベットタイムのスライドバーをOFFにすると・・・

↓このようにベッドタイム設定がオフになりました。

 

これで意図しない時間にアラームが鳴ることを解決できました。

 

まとめ

iPhoneが変な時間に鳴り出す、ということがあったら、アラームアプリの「ベッドタイム」設定を調べてみましょう。

それが原因ならかんたんに解決できます。

それにしてもなんで設定してしまったんだろう? iOS10から搭載された機能らしいので最近の話でもないし。
少し不思議さは残りますが、もし設定していない時間にiPhoneのアラームが鳴るようなら「ベッドタイム」機能の設定を調べてみましょう!

お役にたてば幸いです。

 

【参考】筆者愛用のスマホケース・フィルム

手放すiPhoneはオークションに出すと高く売れることがあります。そのために大事なのは今回紹介した「SIMフリー化すること」と、「ケース・フィルムを付けてきれいに使い続けていること」。

iPhoneを5S→7→X→7と使い続けている筆者は、これまで数えきれない数のケース・フィルムを使ってきました。

その中で今も愛用しているのは・・・

スマホケース

  • 薄さ:厚さ0.8mmというのは着けていることを忘れるくらいの薄さです。
  • 目立たない:透明な薄いシリコンなので、ぱっと見るとケースを着けていないように見えます。
  • 黄ばんだら無料で代わりがもらえる:黄ばんだら1回ですが新品を送ってくれます。手元のケースを返送する必要もないし、この前まで必要だった写真を送る必要もなくなりました。
  • 安い:Amazonで買うとだいたい1,000円以下です。プライム会員だと送料もかからないし、こんなに安くていいのかなぁ、と思うほど。

本当はiPhoneのデザインを活かして裸で使いたいけれど、傷がつくのが心配という方におすすめです。
デザインに影響を与えず、しっかりiPhoneを守ってくれます。シリコンなので滑り止めになって落としにくいのも安心感が増します。

わたしの場合、安いのでとりあえず、と思って買いましたが、そのまま何個も買い続けることになりました。

保護フィルム

気に入っているポイントは

  • ものすごく貼りやすい:スマホに液晶フィルムを貼るのは10回以上経験していますが、いまだに緊張します。
    とくに左右上下の位置を合わせるのが難しい。貼ったりはがしたりしているうちにホコリが入って大変な目に何度かあいました。
    このフィルムはそれをおもしろい方法で解決しています。フィルムの台紙に充電ケーブル用の穴を開け、そこにケーブルをさして貼りつけるとぴったり位置が合うというものです。
    これがラクすぎて特許取れるのでは?と思うくらい。
  • ガラスフィルムに比べて薄くて違和感がない:ガラスフィルムも使ったことがありますが、厚さのせいで画面端からスワイプするときなどにフィルムの端で段差を感じました。その点、こういったフィルムの方が薄くて違和感がありません。
  • 安物に比べて透明度が高い:ケースについてくるおまけのフィルムと比べると透明度が高いのか、明らかに見やすくきれいです。

 

以上、これまでいやというほどケースと保護フィルムを試したわたしが、現在愛用しているケースとフィルムでした。