iPhone, Mac

iPhone, iPadの機能制限が無い!?と思ったら。iOS12以降はこうなった

iOSをVer12にアップデートしたら「機能制限」の設定メニューが見当たらなくなりました。

機能制限をかけたままOSアップデートしたので、サイトにアクセスできないのに、それを解除できない!という状態になりました。

今回はそんな事態の解消方法です。
逆に、機能制限をかけたいけどメニューが見当たらない!というときもこの方法でどうぞ。

結論から言うと、「設定」アプリの「スクリーンタイム」の中に機能制限メニューが移ったので、そこから設定・変更が可能です。

発生した問題

子供に使わせてもいいように、機能制限をかけてiPadを使わせていました。

そのままiOS12にバージョンアップさせたところ、制限を受けるサイトにアクセスしたらブロックされたまま、解除コードを入力する画面が出てきません。

こんな画面になります。(ふるさと納税のサイトですが、なぜかブロックされてしまいます)

このままだと困るので、設定アプリで機能制限を外そうと思ったんですが、それらしきメニューが見当たりません。

OSバージョンアップまでは、トップメニューか一般メニューの中にあったのに!

機能制限メニューのありか

iOS Ver12から、機能制限メニューは「設定」アプリの「スクリーンタイム」の中に移りました。

具体的には、設定アプリを立ち上げ、スクリーンタイムを選択。

するとその中に「コンテンツとプライバシーの設定」項目があるのでそれを選択。

これで、以前の機能制限と同じメニューが並びます。

以上、iPhone、iPadで機能制限が見つからなくなったときに、設定変更する方法でした。

それにしても「スクリーンタイム」というメニューの中に機能制限を置くのは、無理がありすぎではないですかね。

TVer(ティーバー)をテレビで見るには!見逃したドラマもテレビの大画面で見られるTVer(ティーバー)は民放が提供するインターネットのテレビ配信サービス。 見逃したテレビ番組を1週間、無料で見ることができます。残念なのは、インターネット配信なのでスマホなどで見る必要があること。 それが、Amazonで売っているFire TV Stickを使うことで、テレビの大画面でも見られるようになります!...
ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする

こちらの記事もおすすめ