仮想通貨

持ってるはずの仮想通貨が売れない!?の解消策

ビットトレードという取引所で、持っているはずのリップルを売れない、という事態におちいってしまいました。

気付けばすぐに解決しますが、忘れそうなのでじぶんへの備忘も兼ねてここに残します。
なお、ビットトレード取引所には全く関係ありません!

この記事のまとめ

持っているはずの仮想通貨を売れなかったら、以前出した指値の売り注文が、執行されずに残っているせいかも。

解消するには、前の注文をキャンセルする。

起きた事象:持っているはずのリップルが売れない

きっかけは、ある日のリップルの高騰でした。購入時より+40%も値上がりしたので利益確定のために売ろうとしました。

まずはトップ画面から「注文」を選択

この画面↓で「売り」を選んだのですが、まん中の赤枠のように「資産がありません」と表示されます。また下の赤枠にあるとおり「保有資産 XRP:0.000000/1,000.000000」という不思議な表示がされています。

いや、絶対リップル持ってるはずだと思い、「資産状況」ページを確認すると、これまた不思議な表示が・・・

そこには「利用可能:0、残高:1,000」という表示が。なんだこれ??

リップルを持っていることは確認できましたが、それが利用できない状態になっているようです。

解消法:売却できるように

利用できなくなっている理由は「注文履歴」を確認したらわかりました。

右上の「三」(メニューボタン)から「注文履歴」を選びます。

すっかり忘れていたのですが、指値で売りの注文を出していたのです・・・
購入した際に値段が2倍になったら感情を交えずに売るように、と指値の売りを入れた記憶が蘇りました。

↓この注文履歴の画面でステータスが「未約定」となっているのがその証拠です。

この注文が先に入っているせいで、持っているが売れない、という状態になっていると分かりました。

そうと分かれば解消法は簡単。上の注文履歴の画面で「CANCEL」を押して、この注文をキャンセル。

キャンセル表示を確認してから、再度注文画面に行くと「注文」ボタンが押せるようになり、最下部の表示も「保有資産 XRP:1,000.000000/1,000.000000」という表示に。

このまま問題なく売却できました。

まとめ

こんなおっちょこちょいは、なかなかいないかもしれませんが、持っているはずのコインが売却できない場合は、すでに指値の売り注文を出しているから、かもしれません。

参考記事:

初心者におすすめの仮想通貨取引所2選。その理由は?2018年9月加筆修正しました。 ※この記事を読むのにかかる時間:約3分 わたしは、2018年1月のコインチ...
ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする