仮想通貨

リップルの購入方法!ビットトレード取引所は板取引もカンタン

リップルって仮想通貨ご存知ですか?

金融業界向けに開発が進むプロジェクトで、銀行等との実証実験も始まり、新聞などで目にする機会も増えてきました。
個人的には仮想通貨の中で、一番目的が明確かつ効果が大きいと考え、もっとも期待している仮想通貨です。

リップルについて詳しくはこちらのサイトを見てみてください。漫画でわかりやすく紹介されています。
仮想通貨?儲かるのか? by BK

そして、ビットトレード取引所は日本でリップルを扱っている、数少ない取引所の1つです。
2018年3月時点、日本の登録済み取引所でリップルを扱っているのは以下4社のみ。QUOINE、GMOコイン、ビットポイント、そしてビットトレード。
私はQUOINE、GMOコインに口座を作ったものの、使いづらさから放置状態。ビットポイントは二段階認証でメール方式しか使えないので見送り。

 

というわけで、ビットトレードに口座を作り、初期設定までしました。

リップル買いたい!なら押さえておきたい。ビットトレードに5分で口座開設
リップル買いたい!ビットトレードの初期登録と入金
リップル買いたい!ビットトレードで二段階認証を設定する

 

今回は本題のリップルの購入方法です。

結論からいうと、難しそうに思える板取引もとてもカンタン。スマホだとアプリはなくサイトからの注文になりますが、操作性もかなり良く作り込まれています。

 

買う前に注意!

BitTrade取引所は残念ながら、即時入金に対応していません。

ビットトレードが指定する自分専用の銀行口座に振り込む形になります。

よって、リップルが暴落し今すぐ買いたい!というような状況になっても、入金していないと買えません。

まず、まとまった金額を入金しておきましょう。買い増ししたくなるときに備え、最初に買う額より多めに入金しておくのがよいと思います。

 

購入手順

ここからは実際の購入手順です。

購入画面まで

まずビットトレードのログイン後Top画面の上部から「BTC/JPY」と書かれた部分をタップ

通貨ペアを選ぶ画面になるのでそこで「XRP/JPY」を選択。

すると、リップル取引のトップ画面になるので「注文」をタップします。

これで注文画面に移ります。

 

リップルを注文する

注文画面で、まず①「指値」か「成行」かを選びます。

ここからは指値の場合の手順です。下の画面を参照ください。
②で「買い」か「売り」かを選択
③で値段を指定します。左側に表示された板の値段をタップすると自動入力されます。ケタ数の入力間違いを防ぐために、イチから入力するより、自動入力後に修正する方がよいと思います。
④購入・売却する数量を入力します。

数量の下に必要なJPYと、パーセンテージが表示されます。このパーセンテージは持っている日本円に対してどれくらい使うかを表しているようです。

なお、④の数量を入力しなくても、このパーセンテージのスライドバーを動かして、購入総額を決めることができます。例えば、持っている日本円すべてを使って買いたい、というときに使うのかな?それ以外の使い道が思い浮かびませんが。

⑤の「注文」をタップすると注文完了。じぶんが指定した価格まで動けば自動的に売買されます。

 

なお、「成行」を選んだ場合もほぼ同じですが、価格を入力する必要がなく、下の③に「数量」だけ入力するかたちになります。

 

まとめ

ビットトレードのリップルの購入はとてもカンタン。
板取引ですが手順も分かりやすい。直感的に使えます。

そして上の画面は一見アプリに見えますが、サイトの画面なんです。スクロールが発生しないように作られているので、ほぼアプリと同じような使い勝手で取引できます。

あとは、即時入金とマネーフォワード連携に対応してくれれば、言うことなしなんですが。

ただ、リップルを扱ってる貴重な取引所、かつ手数料の低い板取引ができて操作性もすばらしい、ということで、これから長く付き合っていこうと思います。

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする