デジタル機器

iPhoneの機種変更時に「バックアップが壊れているか互換性がない」エラーとなったときの対処法

昔のじぶん
昔のじぶん

iPhone同士で機種変更して、バックアップから復元しようとしたら「バックアップが壊れているか復元先に互換性がないため、復元できませんでした」ってエラーが出て復元できない!

復元はあきらめないといけないの!?
アプリとかまた全部ダウンロードしないといけないの!?

ねなとう
ねなとう

まあまあ落ちついて。

新しい端末のOSを、バージョンアップしたら解決するよ。

事象

iPhone 7(利用中)⇒iPhone 7(新規購入)のデータ移行です。

以下、事象発生までの手順です。機種変更のときの普通のデータ移行をしようとしました。

  1. 移行前の端末をMacにつないで、iTunesを使ってバックアップ。
  2. 新しい端末の初期設定の途中で、「iTunesからバックアップを復元」を選び、Macに接続。
  3. 復元するファイルとして上記1で作ったバックアップを選択。

⇒「バックアップが壊れているか復元先に互換性がないため、復元できませでした」とのエラーメッセージが出る!

これは初めてのトラブルです。その言葉の通り新しい端末に情報を引き継げなくなりました。

解消法

本当にバックアップが壊れている場合もこのメッセージが出ますが、今回の場合はずっと単純な理由でした。

OSバージョンの違いによるものです。私の場合こうなっていました。

旧端末:最新OSバージョン
新端末:前のOSバージョン

新端末が製造されたあとに、ソフトウェア・アップデートがあったためこのような状態になったと思われます。

iTunesを使ったiPhoneのバックアップ復元においては、新OSバージョン端末でのバックアップ⇒旧OSバージョン端末での復元、ができないようです。

よっては解消策は以下となります。

  • 移行先のiPhoneのOSバージョンを最新のものにする。具体的には、新しいiPhoneとしてとりあえず初期設定を終わらせ、ソフトウェア・アップデートさせる
    (設定⇒一般⇒ソフトウェアアップデート)
  • 端末を初期化する
    (設定⇒一般⇒リセット⇒すべてのコンテンツと設定をリセット)
    ※初期化をしてもOSバージョンは戻らないので大丈夫
  • 再度、初期設定を始めて、iTunesからバックアップを復元する

私の場合はこれで解消しました。

まとめ

iPhoneのバックアップが「壊れているかもよ」というメッセージが出たので頭が真っ白になりかけました。

が、このメッセージが出たらまず、新旧端末のiOSのバージョンを確認しましょう。新端末のOSバージョンが、移行元よりも低かったら、ソフトウェア・アップデートで解消する可能性大です。

もし今、iPhoneをケース・フィルムなしで使っていたら、とりあえず安いものでもいいので、すぐ買って装着しておきましょう。
Amazonでは今こんなのが人気のようです↓

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする