自動売買

仮想通貨の自動取引AIロボット「Bootney(ブートニー)」β版は9月公開!

最近Wealth Navi(ウェルスナビ)やTHEO(テオ)といった、株式を中心としたロボアドバイザーの広告をよく目にしますが、次は仮想通貨の自動取引のブームがきそうです。

お金は生きるために必要なものであって、資産運用でお金を増やすために労力と時間を費やすのは、本末転倒だと思っています。
同じように考える人が増えているんでしょう。

現在、私は「人が作った投資ロボットに運用を任せられる、また、自分が作った投資ロボットを公開できるサービス『クオレア』」を使っています。
ロボットに運用を任せて1週間ですが成績は+2%。
上々の結果です。

サービスの説明はこちらをどうぞ。
【完全版】上級者のノウハウで仮想通貨を自動取引!QUOREA(クオレア)の特徴と評判!

運用成績はこちらで公開しています。
【随時更新】運用実績まとめ:投資ロボットのクオレアは相場を読み切れるか!?

 

そして2018年8月2日、仮想通貨のAIロボット運用サービス「ブートニー」が発表されました。
サービス開始は9月とのこと。

日本で初となる仮想通貨の資産運用AIロボット「Bootney(ブートニー)」 事前登録開始 -仮想通貨の資産運用は、人から人工知能(AI)へ-

クオレアと同様に、忙しい勤め人でもかんたんに資産運用できるような方法を見つけたい、という私の願いを叶えてくれるサービスかもしれない。

調べてみました。

 

ブートニーの特徴は?

ブートニーの特徴は4つ。

  1. 無料で始められる
  2. AIロボットが自動で取引
  3. 下落相場でもチャンス、空売りが可能
  4. AIロボットの運用成績をシミュレーションできる(過去の相場や条件を組み替えて、運用結果を確認できる)

課金方法はまだ不明。
無料で始められるが、利益が出たらそこから何割か取るというモデル(クオレアと同じ)だと予想します。

 

また、この先こんなことを予定しているとのこと。

2018年:

  • Bootney EC機能リリース:
    ユーザー自身が簡単に、自分の取引ロボットを作成・利用・販売できるサービス
    ⇒クオレアで今提供しているサービスですね

2019年

  • Web/アプリの正式版リリース:
    2018年中はベータ版ということになります。
  • Dapps機能の搭載:
    ERC721トークンを活用して、AIロボットの過去の取引履歴、ユーザーの利用履歴を管理し、運用成績、需給バランスに応じたAIロボットの価格設定を実現。
  • トークン機能の拡張:
    AIロボットが持つ情報に加え、ロボットを作成したトレーダーのBootney内外での行動や資産も含め、優秀なトレーダーに価値が生まれるプラットフォームを提供。

優秀な成績なAIやトレーダーに高い報酬を提供する、ということで、やはり利益に対して課金する成功報酬型のビジネスモデルだと思われます。

 

ブートニーの評判は?

まだ始まっていないサービスなので、当然Webにも評判はありません

運営会社の評判もほとんど見あたりません。

 

ブートニーの運営会社は?

ブートニーの運営会社は
株式会社 OnplanetZ

2017年設立のスタートアップのようです。

サイトはもうちょっとがんばってほしいですね。
SNSボタンを押してもSNSサイトのTopに行くだけなので、フォローできません。

代表取締役の權 暁成さんは情報がありませんが、取締役の松本拓也さんはWantedlyにプロフィールがあります。

東京大学大学院を修了後、国内系、外資系コンサルティングファームを経て、onplanetz株式会社を共同創業。
自動車部品メーカーの研究開発支援業務において、統計や機械学習を活用した画像認識の研究開発に従事。
その後は機械学習プラットフォームを活用したPoC支援を複数経験。
onplanetz株式会社では、CTOとしてサービス開発のリード及び、機械学習のビジネス応用の検討を行なっている。

 

ブートニーの安全性は?

ブートニーのサービスは安全なのか?

まだ始まっていないので、想定ですが、すでに始まっている仮想通貨自動取引ロボットサービスのクオレアと同じだと想定されます。
※まだサービスが始まっていないので想定です。

つまり、暗号通貨取引所にお金やコインを預けている状態より安全なはず。
なぜならブートニーにはお金を預けないから。
お金はあくまで仮想通貨取引所にあります。
ブートニーには取引できる権限を与えますが、出金する権限はないので、取引所のなかで売り買いできるだけ、のはず。

クオレア・ブートニーなど自動売買に特有のリスクは、ロボットが下手な取引をしたり、最悪の場合ハッキングされて安値のときに売られ損が出ること
こればかりは歴史が浅いのでなんとも言えません。
ただ、成績の悪いロボットは選ばれずに淘汰されていくはず。
またハッキングをするのもあまりメリットがありません。
(しいていえば、将来メジャーになったときに売り浴びせて相場を下げること、くらい?)
というわけで、自動売買に特有のリスクも顕在化する確率は低いと考えます。

最後に、暗号通貨全体のリスク。
価値があっというまに半分を切る、みたいなことがよく起きます。
自動取引に限らず暗号通貨を取り引きするなら、ゼロ円になってもいい範囲で投資しましょう
そうしないと神経がすり減ります。

 

まとめると、「仮想通貨の自動売買」というちょっと心配になるイメージですが、よく考えると特有のリスクはほとんど浮かびません

※ただし、まだサービスが始まっていないので想定です。

 

かかる費用は?

まだ不明です。
サイトのQAにはこのような記述があります。

Q: いくらから始められますか?
A: AIロボットの利用料は0円から運用できます。最低投資額は1,000円からとなります。

いくらなんでも、まったく無料というわけはないでしょうから、おそらく利益に対して何割か課金する、成功報酬モデルだと思います。

クオレアだと利益の30%ですが、ブートニーはいくらで来るのか。

 

もうかるの?

かんじんの利益が出るか、ですが、これもまた始まっていないので分かりません。

サービスが始まったら、このサイトで確認していきたいと思います。

 

利用するための手続きは?

まず仮想通貨取引所に口座を作っておきましょう
対応するのはビットフライヤーとbitmex。
今後増える予定とのことです。

ビットフライヤーの登録はこちらからできます。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ブートニー自体は、2018年8月3日時点サービスは開始しておらず、事前登録を受付中。
登録はブートニーのホームページから

https://bootney.io/

事前登録はメアドを入力するだけでした。
こんなメールが届きます。

メールには8月末にサービス開始とありますが、サイトのQAには、以下のように書かれているので9月開始と思っていた方がよさそうです。

Q: サービスはいつから開始ですか?
A: 9月を予定しています。事前登録やTwitterでフォローすると、Bootneyや仮想通貨の最新情報をお届けいたします。

 

自動売買ができる「クオレア」サービスとの違いは?

ロボットに仮想通貨の売買を任せることができる、という点では「クオレア」というサービスと似ています。

違いは以下の通り。

  • ロボットをAIが作るかユーザーが作るか
    AIが作るのはブートニー、ユーザーが作るのがクオレア。
    クオレアは、初心者なら他の人が作ったロボットに運用を任せることができる、上級者なら自分の作ったロボットを公開し、使った人から収入を得られます。
    ただしブートニーも2018年内にユーザーが作ったロボットを公開できるようにする予定とのこと。
  • 空売りできるか
    ブートニーは空売り可能、クオレアは空売りはできません。

そのほかに大きな違いは見あたりません。
『仮想通貨の自動売買』というジャンルは新規参入が増えそうです。

 

まとめ

今回はAIロボットが仮想通貨を自動運用してくれる「ブートニー」について調べました。

  • サービス内容は、ひとことでいうと「AIが運用する仮想通貨の自動売買ロボット
  • 評判は、サービスが始まっていないのでいい評判も悪い評判も見当たらず
  • 運営会社は、2017年創業のスタートアップ。評判は見当たらず
  • 安全面では、ブートニー特有のリスクはなさそう
  • かかる費用は不明
  • 儲かるかは不明
  • 取引には、ビットフラーヤーかbitmexの口座が必要
  • クオレアとの違いは「ロボットを人ではなく、AIが作る点」「空売りが可能な点」

 

まだサービスが始まっていないのでまだまだ未知数。

9月のサービス開始を楽しみに待ちたいと思います。

 

■関連記事

【完全版】上級者のノウハウで仮想通貨を自動取引!QUOREA(クオレア)の特徴と評判!

ABOUT ME
ねなとう
ねなとう
「寝ながら投資」時間を取れない家庭もち・勤め人に最適な、極力手間を掛けない資産運用を追求中。 ロボアドバイザー、インデックス投信積立て、仮想通貨自動売買、外国株式、テーマ投信などで運用しています。