デジタル機器

2018冬:MacBookの選び方。初心者におすすめはAir?Pro?無印?

2018年10月30日にMacBook Airの新モデルが発表されました。

これによりMacBookのラインアップは、以下4つになってしまいました。価格帯も同じくらいに。

  • MacBook Air 2017モデル(非Retinaディスプレイ)
  • MacBook Air 2018モデル(Retinaディスプレイ)
  • MacBook Pro
  • MacBook ※無印と呼ばれることもあります

似たのが多すぎて、どれを選んだらいいか、わからなーーーい!

ってなりません?私はそうなりました。

そこで今回4つのモデルを比較検討してみました。そこで分かったのは・・・

この記事のまとめ

超ざっくり言うと、それぞれのモデルがおすすめな方はこんな感じ。

  • 値段を重視⇒MacBook Air 2017モデル。画面のきれいさ、軽さ、マシンパワーは我慢!
  • 携帯性を重視⇒MacBook。画面の大きさ、拡張性は我慢!
  • マシンパワーを重視⇒MacBook Pro。値段、軽さは少し我慢!
  • 上記のバランスを重視⇒MacBook Air 2018モデル。すべてにそつ無し!

それぞれのモデルの特徴

それぞれのモデルの特徴です。なお、具体的な比較は次の章で。

MacBook Air 2017(Mid2017)モデル

Macを一躍有名にしたのが、2008年発表の初代MacBook Air。
その進化版が2017年(Mid2017)モデルですが、2015年モデルのマイナーバージョンアップ版なので、登場から実質3年以上経っています。

2018年10月末のMacBook Air新モデル発表前には、ラインナップから消えると思われていました。
GIZMODE:「さらば、MacBook Air…」そう告げる瞬間が確実に迫っている

つまりひとことで言うと「古い設計」のモデルです。

しかしそれが逆に他のモデルに対する強みにもなり、「安くて」「レガシーなポート(USB3.0等)に対応している」モデルになっています。

MacBook Air 2018(Late2018)モデル

2018年10月30日に発表されたモデル。

今回の4モデルの中で、最後に発表されたので、いいとこ取りしています。

液晶はきれいで、軽くて、セキュリティも高い。唯一の欠点は、値段もけっこう上がったところです。

これまでAirはエントリーモデルでしたが、2018モデルでその位置付けも変わりました。

MacBook Pro

もともとMacBookの中で、ハイエンドモデルとして始まった「MacBook Pro」。

しかし、MacBook AirやMacBookのスペックアップ・価格上昇に伴い、並べて比較されるようになってしまいました。

特徴は、最高の機能を載せつつも、小型軽量化を追求しているところ。
結果、値段は少しお高めです。

MacBook

名前がシンプルなMacBook。「無印」とも呼ばれます。

スペックもシンプル。ストイックと言ったほうがいいかもしれません。
MacBookの中で、最も薄くて軽いモデルを実現しています。

特徴は、画面サイズや外部接続ポートを割り切ることで実現した、圧倒的な薄さと軽さです。

4つのモデルの比較

具体的なスペックを比較します。

比較しやすくするため、価格はSSDを512GBとして、その他(プロセッサ・メモリ等)は一番安いものを選んだ場合です。

MacBook Air 2017モデル MacBook Air 2018モデル MacBook Pro MacBook
液晶サイズ 13.3インチ 13.3インチ 13.3インチ 12インチ
解像度 非Retina Retina Retina Retina
重さ 1.35kg 1.25kg 1.37kg 0.92kg
サイズ
①厚さ
②幅
③奥行き
①0.3~1.7 cm
②32.5 cm
③22.7 cm
①0.41~1.56 cm
②30.41 cm
③21.24 cm
①1.49 cm
30.41 cm
21.24 cm
0.35〜1.31 cm
28.05 cm
19.65 cm
ポート USB3.0×2個
USB-C×1個
MagSafe2電源ポート
SDXCスロット
USB-C×2個 USB-C×2個 USB-C×1個
プロセッサ 1.8GHz
(Max2.9GHz)
1.6GHz
(Max3.6GHz)
2.3/2.5GHz
(Max3.6GHz)
1.2/1.3/1.4GHz
(Max3.0GHz)
その他 Touch ID対応 Touch ID対応
価格※ ¥142,800 ¥178,800 ¥186,800  ¥175,800

※価格は2018年10月末時点、Appleオンラインストアの価格。SDDはすべて512GBで統一。その他は一番安くなるスペック。

※変更になる可能性があるので、最新のスペックと価格はApple公式サイトやAppleストアでご確認お願いします。

重視するポイント別おすすめモデル

なにを一番重視するか、によって選ぶべきモデルは変わります。

値段を重視する場合

出費をおさえるなら「MacBook Air 2017モデル」がおすすめです。

SDD 512GBで14.3万円から。他モデルに比べて3〜4万円も安くてすみます。
隠れた特徴として、拡張性が高く、電源コネクタとUSB-Cポートの他に、周辺機器が多いUSB3.0ポート2つと、SDカードスロットが付いてきます。

諦めないといけないのは「Retinaディスプレイ」。このモデルは非Retinaです。
Retinaと非Retinaを横に並べて見ると、その差はものすごく、とても非Retinaを使う気にはなれません。

ただ、いまRetinaディスプレイを使っていなければラッキーです。Air2017モデルを使ってもそれほどストレスはたまらないはず。
逆に、いまRetinaを使っているなら、Air2017モデルで非Retinaに戻るのはストレスMaxになってしまうと思います。おススメできません。

⇒値段を最重視し、かつ、いまRetinaディスプレイを使っていないなら、「MacBook Air 2017モデル」がおすすめ

ただ、新モデル発売のタイミングで値下げしてほしかった・・・

携帯性を重視する場合

携帯性を最重視するなら軽さとコンパクトさが断トツの「MacBook」(無印)がおすすめ

MacBookシリーズで唯一1kgを切るMacBook。サイズもコンパクトで圧倒的な軽さとコンパクトさです。

ただ、使い勝手に直結する「画面サイズ」を我慢しないといけません。他は13.3インチのところ、このモデルのみ12インチです。

また、外部ポートは充電コネクタを兼ねたUSB-Cが1個のみというストイックさ。
充電してると、外部機器に接続することができません。

携帯性のためにすべてを割り切った機種です。

⇒携帯性を最重視するなら、「MacBook」(無印)がおすすめ

スペック(できること)を重視する場合

家で使うことがメインで、MacBook単体でできることを最重視するなら、プロセッサのスペックが高くマシンパワーが強い「MacBook Pro」がおすすめです。

ただし、値段と携帯性は少し我慢する必要があります。

バランスを重視する場合

画面の大きさ・きれいさ、携帯性、拡張性、マシンパワー、値段のバランスを重視するなら「MacBook Air 2018モデル」がおすすめ。

これまでのMacBookシリーズ(Macbook Air 2017、Macbook、Macbook Pro)の、ちょっと気なるところをすべてカバーしているのが、Macbook Air 2018年モデルです。

ほ、ほしい!

まとめ

超ざっくり言うと、それぞれのモデルがおすすめな方はこんな感じ。

  • 値段を重視⇒MacBook Air 2017モデル。画面のきれいさ、軽さ、マシンパワーは我慢!
  • 携帯性を重視⇒MacBook。画面の大きさ、拡張性は我慢!
  • マシンパワーを重視⇒MacBook Pro。値段、軽さは少し我慢!
  • 上記のバランスを重視⇒MacBook Air 2018モデル。すべてにそつ無し!

MacBook Air 2018年モデル、ほしい!
けど予算の関係で2017年モデルにするかも。いや、もうちょっと待つか・・・悩む・・・

Appleのホームページ

お役に立てば幸いです!

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする