事件・ニュース

仮想通貨取引所Liquidで残高と出金可能額が違うときの解消法

仮想通貨の取引所Liquidで残高と出金可能額が違う金額になりました。サポートに確認したところ、レバレッジ取引でオープンポジションがあり拘束金が発生しているためとのこと。ポジションを閉じることで解消しました。

こうなったのは、クオレアで売りロボット(レバレッジ取引を利用)に乗っていたため。クオレアで売りロボットから降りた後はご注意を。

Liquidの残高と出金可能額が違う

Liquid取引所で残高を確認したところ、残高と出金可能額が違っていました。

当然ながら残高より出金可能額のほうが小さいのでまたセルフGOXしてしまったかと思いました。

セルフGOXなんて関係ない、と思うあなたに読んでもらいたい怖いお話

原因はレバレッジ取引のオープンポジション

原因はサポートに連絡して判明。
レバレッジ取引のオープンポジションが残っていて、拘束金により一部金額が拘束されているため、でした。

これが起きたのは仮想通貨自動取引のクオレアで売りロボットに乗っていたことが原因です。

仮想通貨自動売買ロボのクオレア(QUOREA)のメリットと評判!成績も公開中!

オープンポジションの解消方法

レバレッジ取引のオープンポジションを閉じるには、以下手順を踏みます。

Liquidにログインした後「レバレッジ」を選択。

レバレッジ取引の画面で下にスクロールすると「ポジション照会」があり、「オープン」を選ぶと現在持っているポジションを確認できます。

それぞれのポジションの左端に丸が縦に3つ並んでいるのでそれをクリック。表示される「決済」を押すことでポジションを閉じることができます。

ポジションが複数ある場合、それぞれでこの手順を踏みます。これで残高と出金可能額が一致しました。

すべて引き出せることになり、よかったよかった。

まとめ

Liquid取引所で残高と出金可能額が違う場合、レバレッジ取引でオープンポジションが残っていないか確認しましょう。

残っていたら「決済」でポジション解消することで、残高すべてが出金できるようになります。

仮想通貨自動売買ロボのクオレア(QUOREA)のメリットと評判!成績も公開中! ※この記事を読むのにかかる時間:約5分 最近Wealth Navi(ウェルスナビ)やTHEO(テオ)といった、株式...
ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする

こちらの記事もおすすめ