デジタル機器

DAZN(ダゾーン)をテレビで見る!プレステ編!

今回は、スポーツ配信サービスDAZN(ダゾーン)を、PS3(プレステ、プレイステーション3)を使ってテレビの大画面で見る方法をご紹介します。 PS4も同じ手順です。

DAZNは開始当初はPlay Stationに対応していませんでした。 テレビで見るにはAmazonのFire TVや、Google Chromecastなどのデバイスが必要だったのです。

AmazonプライムビデオをPS3で見ている自分としては、ダゾーンも新しいデバイスを買わずにPS3で済ませたかったというのが正直なところです。 そんな中、DAZN開始当初からPSは対応機器(予定)として紹介されていたので期待して待っていました。

なかなか対応しないので忘れていたのですが、気付いたら対応機器になっていました。 さっそくDAZNに入会してPS3で利用してみました。

今回はPS3でダゾーンを見るための方法と、ダゾーン入会で1,300円分得する方法をご紹介します。

準備するもの

Play Station 3でDAZNを見るには、まず以下が必要です。

  • 入会済みDAZNのアカウント
  • インターネット回線につないだプレステ3

さらに、できればあったほうがいいものは、PS3のブルーレイ操作用リモコン。 ゲームのコントローラでも操作できますが、やはり再生・巻戻し・早送りなどは、慣れているボタンの方がラクです。

入会済みのDAZNのアカウント

PS3からダゾーンに入会することはできます。
ただPCからちょっと工夫して入会すると、1,300円もらえるのです!
なのでPCで先にダゾーンに入会しておいた方がトクです。
1,300円キャッシュバックを受ける方法はこちら
広島カープの試合を見るならインターネットで中継が見られるDAZN(ダゾーン)がイイ! 1,300円分のキャッシュバックも!!

インターネット回線につないだPS3

ダゾーンはテレビ放送と違って、インターネット経由で配信されるので、PS3がインターネットに接続されていることがマストです。
できれば無線LANではなく有線で接続しましょう。

なぜなら、PS3の無線LAN規格はIEEE 802.11 b/gで最大54Mbps(PS4はacで最大1.3Gbps)だから。
DAZNの推奨速度は以下の通り。

HD画質(1080p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、9.0Mbpsです。

特にPS3は最大54Mbpsなので心もとない。
できればPS3は有線接続しましょう!

ちなみに私の場合、光回線の1Gbpsプランを使っていますが、有線で接続した場合のPS3の下りの通信速度は60Mbpsでした。
これだけ出ればじゅうぶんでしょう。

この通信速度は、PS3の「設定」→「ネットワーク設定」→「インターネット接続テスト」で確認できます。

PS3でDAZNを見るための設定をする

準備が終わったら、PS3でダゾーンアプリをインストールして設定します。

起動後の画面で「テレビ/ビデオサービス」→「マイチャンネル」を選ぶと、DAZNのアイコンが表示されます。

IMG 0735 JPG

カーソルを合わせて決定ボタンを押すと、DAZNアプリのダウンロードが始まります。

その後立ち上げるとバージョンアップを求められた後に、DAZNのトップ画面が表示されます。
先にPCで入会しておいて、ここでは「ログイン」を選びます。

IMG 0741 JPG

次の画面で、DAZNのIDか、dアカウントでのログインかを選びます。
dアカウントを選ぶと、下の画面の通りシリアルコード(6桁の数字)が表示されます。

IMG 0746 JPG

この数字を、PC・タブレット・スマホで「www.dazn.com/tv」にアクセスして入力します。

DAZN

この6桁のシリアルコード入力の操作をすると、テレビの画面が切り替わり、DAZNログイン後のTop画面に移ります。

これでPSの設定は完了です!

まとめ

PS3でDAZNを見るための設定は、けっこう簡単。
おそらく迷わずに、見られるようになると思います。

ダゾーン入会で1,300円分のキャッシュバックを受ける方法はこちら!
広島カープの試合を見るならインターネットで放送が見られるDAZN(ダゾーン)がイイ! 1,300円分キャッシュバックも!

■関連記事

DAZN(ダゾーン)をテレビで見る!Fire TV Stick編!!

民放ポータルTVer(ティーバー)をテレビで見る!

ダゾーン(DAZN)で画面が暗いときの対処法

ABOUT ME
ねなとう
ねなとう
「寝ながら投資」時間を取れない家庭もち・勤め人に最適な、極力手間を掛けない資産運用を追求中。 ロボアドバイザー、インデックス投信積立て、仮想通貨自動売買、外国株式、テーマ投信などで運用しています。