動画を楽しむ

画像入り:2020東京オリンピック抽選チケットがついに販売開始。購入方法と注意点ご紹介

2019年6月20日、2020東京オリンピック・パラリンピックのチケットの抽選結果が発表されます。この記事では注意点と購入方法をまとめていきます。

この記事のまとめ

チケット購入の注意点

  • 購入手続き期間は2019年6月20日(木)〜7月2日(火)(予定)
  • 当選したチケットはすべて買わないといけない
  • 同行者の登録と連絡先確認が必要
  • 支払い方法はVISAカード支払いとコンビニでの現金支払い
  • 現金払いは30万円まで。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートで支払い可能
  • カードはVISAのみ。マスターカード、JCB、アメリカンエクスプレスブランドのカードは使えない

チケット購入前に準備すること

  • ID、パスワードの確認
  • VISAブランドのカードの準備

チケット購入の手順は3ステップ

  1. 来場予定者の登録
  2. チケットのタイプ・配送先の登録
  3. 支払方法の選択

TOKYO 2020チケット購入公式サイト

2020東京オリンピックチケット購入の注意点

購入手続き期間

抽選で当たったチケットの購入手続き期間は2019年6月20日(木)〜7月2日(火)(予定)。

13日間とひじょうに短いので注意が必要です。特にクレジットカードを作る場合は急いだほうがいいですね。

また現金支払いの場合は7月4日(木)までにコンビニで支払いをしないといけません。

当選したチケットはすべて買わないといけない

当選したチケットの一部だけ選んでを買う、ということはできません。当たったチケットは一括購入する必要があります。

ただし2020年春に公式チケット販売サイト内でリセールサービス(再販売)が始まるので、行けないチケットはそこで売ることができるようになります。今回当選したチケットは迷わずすべて買ってよさそうです。

同行者の登録が必要

チケット枚数分の来場予定者の氏名登録と連絡先確認が必要です。いわゆる転売対策ですね。来場予定者の変更は、競技開催当日まで可能とのこと。

カードはVISAのみ、現金は30万円未満

支払い方法は2つ。①VISAのカード支払いと②コンビニでの現金支払い

カード(クレジット/プリペイド/デビッド)はVISAブランドのみ利用可能です。マスターカード、JCB、アメリカンエクスプレスブランドのカードは使えないので注意。

現金支払いは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートで可能。
ただし30万円未満の場合だけ可能なので、開会式・閉会式などの高額チケットが当選したり、多数のチケットを買う場合は、クレジットカードで支払う必要があります。

2020東京オリンピックチケット購入前に準備すること

ID、パスワードの確認

チケット購入には当然抽選を申し込んだときのID・パスワードが必要です。パスワードを忘れた場合、下記の公式サイトからパスワードの再発行ができます。

TOKYO2020 ID登録サイト

VISAブランドのクレジットカードの準備

カードはVISAブランドしか使えないので、MasterCard、JCB、AMEXブランドのカードを使っている場合は、VISAのカードを作っておく必要があります。

ただしVISAのブランドがついていれば、クレジットカードでなくても、プリペイドカード、デビットカードも利用可能です。クレジットは審査に時間がかかることがあるので、急ぐときはプリペイドやデビットがいいでしょう。

クレジットカードの上限額の確認

多くのチケットに当選したり、開会式・閉会式などの人気チケットが当たった場合、支払いが高額になります。

クレジットカードには利用上限額があり、人によって異なります。カード会社のサイトや電話窓口で上限額を確認しておいた方が安心です。なお、上限額を上げることもできる場合があるので、上限にかかりそうだったらカード会社に相談してみましょう。

2020東京オリンピックチケット購入の手順

チケット購入の手続きは3ステップです。

  1. 来場予定者の登録
  2. チケットのタイプ・配送先の登録
  3. 支払方法の選択

※画像出典:東京2020公式チケット販売サイト

まずは抽選結果を確認!

まずは公式サイトにアクセス。混みあっていると「並んでいるユーザ数と待ち時間」が表示されるので、気長に待ちます。

TOKYO 2020チケット購入公式サイト

 

並び終わって入場しても60分たつと強制的に退場されて、また待ち行列に並ばないといけません。そのために次の3つのステップは、あらかじめ決めておいた方がいいです。

行列待ちが終わったら、右上の「マイチケット」を押し、表示されるログイン画面で、申し込んだ時のID・パスワードでログインします。

 

ログインしたら下記のように申込内容が見られるページが表示されます。

ここで注意!これはまだ抽選結果ではありません!!金額がものすごいことになっていてもそれは仮に全部当選した場合の数値(申し込んだときに目にした金額)です。

 

抽選結果を見るには、上部画面の「詳細」をクリック!ついに結果が見られます!!

赤丸の「当選」マークが付いていたらおめでとうございます!

 

購入手続きに進みましょう。次の画面でまず「当選内容」と「購入者情報」が表示されるので問題なければ、次のステップ「来場予定者の登録」に進みます。

ステップ①来場予定者の登録

チケット枚数分の来場予定者の氏名登録と連絡先確認が必要です。いわゆる転売対策ですね。

 

  • 来場予定者の連絡先は購入者と同じ連絡先を登録する
  • 来場予定者の変更は競技開催当日まで、購入者のマイチケットの購入履歴から変更が可能
  • 来場予定者として登録した方のみが会場に入場可能

試合当日は本人確認をする場合があるため、名前の分かる身分証明書等を持参する必要があります。本人確認ができない場合、入場できないこともあるとのこと。

ステップ②チケットのタイプ・配送先の登録

チケットは3種類から選びます。

モバイルチケットPrint@Home紙チケット
受取方法スマホに表示自分でプリント配送
手数料0円0円発行手数料324円/枚+配送料864円/件

モバイルだと失くすことがないし手軽でいいんですが、一生モノのチケットなので紙のほうがいい気もしますね。難しい・・・

なお、モバイルチケットやプリントを選んでも「連絡先(配送先)住所」の入力は必須です。日本国内に住んでいることを確認するため、とのこと。

ステップ③支払い方法の選択

支払い方法はVISAカードと現金支払いから選びます。

VISAカード現金
支払場所インターネットセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート
手数料0円432円/件

VISAカードはクレジットの他にプリペイド、デビットカードも利用可能。

現金だと支払い忘れもありえるので、できればカード払いにしたいところです。

VISA決済(カード)を選ぶとこのようにカード番号を入力できます。

 

もう一つの現金決済(コンビニエンスストア)を選ぶと、支払うコンビニを選ぶ画面になります。

 

次の確認画面で、ここまで入力した・選んだ内容をすべて確認し、購入手続きを完了させます。

VISAカード支払いの場合、これで支払いまで完了です!おつかれさまでした。

コンビニ払いの場合、コンビニでの手続きに必要な番号が表示されます。各コンビニでの支払い方法は「コンビニエンスストア店舗での支払い方法」ボタンから確認ができます。

TOKYO 2020チケット購入公式サイト

まとめ

2020年に日本で開かれるオリンピック。チケット抽選に当選したらトラブルなく購入したいものです。

特に気をつけないといけないのは、カードで支払うときはVISAブランドが付いたものしか使えないこと。クレジットカードは時間がかかることがあるので、急いでいるならプリペイドカードやデビットカードがおすすめです。

あと、同行者の情報も登録しないといけないので、まずは登録する人を決めておいたほうがよさそうです。なお当日まで同行者は変更できます。

あとはオリンピック開催を楽しみに待ちましょう!

TOKYO 2020チケット購入公式サイト

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする