自動売買

WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)の運用結果をガチで比較:2か月目

※1年後の成績をまとめました。

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」と「テオ」どっちがもうかる?違いは?※2018年12月:14か月目の運用成績を追記 2017年10月に、資産運用のロドアドバイザーサービス、「ウェルス...

WealthNaviとTHEOを同じ条件で投資して、2カ月が経ちました。

投資初心者としては、手間を掛けずにほったらかしでも、いい感じにリバランスしてくれるロボアドバイザーは、ありがたいサービスです。

これらのサービスは10年、20年積立投資をすることが前提なので、1カ月のリターンはそれほど意味を持ちませんが、それぞれのサービスの特徴を見たく、毎月比較してみました。

1カ月たった時点では、WealthNaviが+2.09%、THEOが+2.79%でした。
そこから今まで、1回積立てがされ、そのタイミングで資産配分のリバランスが行われているはずです。

 

WealthNaviとTHEOの運用結果:2カ月目

では2カ月経った結果です。

WealthNavi:
1ヶ月目:+2.09%
2ヶ月目:+1.75%(US$ベースでは+2.77%)

THEO:
1ヶ月目:+2.79%
2ヶ月目:+2.78%(US$ベースでは+2.43%)

 

結果の特徴

まず、リターン率は、WealthNaviは下落、THEOは横ばいということで、結果は+1.75%と+2.78%。THEOが優勢です。

ただ面白いのは、US$ベースでは、WealthNavi+2.77%、THEO+2.43%と逆転しているのです。
この2カ月、為替は緩やかに円安になったあと元のレベルに戻ったので、WealthNaviはTHEOに比べ、円安の時期に多めに仕込んでしまったと思われます。

また、1カ月前まではリターン率が両者の間で逆転することがひんぱんに起きていましたが、1カ月前に積立てが行われてからは、逆転することがほぼなく、ずっとTHEO優勢です。

 

まとめ

2カ月間の結果は、THEOが+3%弱で優勢です。

なお、ドルベースの成績はWealthNaviの方が高いので、リターンは為替の影響を大きく受けそう。単純にいうと、海外の株式相場が上がったとしても、円高が進むとリターンは小さくなる。

ただ、そういった為替リスクは素人には読めないので、ぜひロボアドバイザーに任せたいところ。

我々が最終的に求めるのは円ベースのリターンのため、ロボアドバイザーのAIには、為替相場を読み解く力も必要とされますね。

引続き運用成績をウォッチしていきたいと思います。

ウェルスナビについて詳しくはこちら

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

始め方詳細公式サイト

THEOについて詳しくはこちら

始め方詳細公式サイト

 

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」と「テオ」どっちがもうかる?違いは?※2018年12月:14か月目の運用成績を追記 2017年10月に、資産運用のロドアドバイザーサービス、「ウェルス...
ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする