資産運用全般

資産運用で重要になる4つの資産への分散

資産運用を始めたきっかけは、住宅ローンの繰上げ返済の検討でした。

⇒資産運用を始めるにあたり最初にすべきこと

 

最初にすべき「資産運用につかう銀行口座の開設」を終えましたが、次の問題は「何に投資したらいいか」で悩みました。

 

そこで参考にさせていただいたのがこのサイト。資産の分散の他にも「人的資本」の考え方などとても勉強になります。
⇒資産運用の考え方:マネーライフプランニング

資産の分散については、デフレ/インフレ、と、円高/円安を考えると以下に分散させるとよいとのことです。
①円預金・債券  ←デフレ+円高
②国内株式    ←インフレ+円高
③外貨預金・債券 ←デフレ+円安
④海外株式    ←インフレ+円安

 

・・・面倒くさそう。というのが第一印象でした。
ただ少し考えるとそうでもない。

①円預金・債権、は、すでに運用資金以外で、銀行にお金を預けているのでOK。
②国内株式、④海外株式、は、投資信託の積立でどうにかなりそう。
③外貨預金・債権、だけがどうしたらいいか分からない。

 

とりあえず分散すべき4つのジャンルとその理由は分かりました。これから実践していこうと思います。

 

ねなとう
ねなとう

このブログの更新情報や、関係する速報を、ツイッターでつぶやいています。
よければフォローどうぞー

フォローする