自動売買

(6)ついに初の損切り!仮想通貨の自動売買ロボット、クオレアの取引記録

QUOREA (クオレア)は「投資のアルゴリズム(以下、投資ロボット)を簡単に作成でき、シェア出来る自動売買プラットフォーム」。

クオレアの基本情報(サービス内容・評判・運営会社・安全性・かかる費用・儲かるか・どんな手続きが必要か)についてはこちらの記事をどうぞ。
【完全版】上級者のノウハウで仮想通貨を自動取引。QUOREA(クオレア)の特徴と評判!

面倒くさがりのわたしは、上級者が作った投資ロボットに運用を任せました。
名前は「BTCCCCC3」、通称BTC3くん。
ビットコイン専門のロボットで、成績はなんと年+200%(過去にさかのぼったシミュレーション)です。

そんなロボットはどんな取引をするのか。
実際の運用結果をレポートします。

この日以外の運用結果はこちらにまとめています。
【随時更新】運用実績まとめ:投資ロボットのクオレアは相場を読み切れるか!?

 

昨日までの動き:1・2回目は成功したものの3回目はピンチ

1回目、2回目の取引は、相場の急反発や小さな山をつかまえて、見事に利益を出しました。
しかし3回目は購入後に急落しピンチ。

詳細はこちら。

【随時更新】運用実績まとめ:投資ロボットのクオレアは相場を読み切れるか!?

 

初の損切り。しかし攻めの姿勢くずさず

シンプルにするために、結果として影響のなかった昨日の「指値売り注文、ナンピン買い」を無視すると、昨日から今日にかけて起きたことは以下の通りです。

昨日8月4日
①84.2万で買い

今日8月5日
②相場の急落を受けて、77.7万円で売り⇒損切り
③さらに下がったことを受けて77.2万円で買い
④少し値上がりしたところで78.4万円で売り⇒利益確定

 

チャートで見るとこんな感じです。

これを見ると損切りは苦手で、小さな利益をつかまえるのは得意なように見えます。

これでこれまでの取引4回のうち3回は成功、1回が失敗。
成功率は75%と高いものの、1回の失敗の幅が大きく、トータルリターンはマイナス▲5%となってしまいました。

 

ここで思い出したのは最近できた設定項目で以下があったこと。

  1. 取引量:1取引あたり総資金の何%を投入するか
  2. 損切り:買付価格より何%下がったら強制決済するか(5〜15%程度が良いとされているとのこと)

1)の取引量については、私の場合クオレアのオススメは「45%」だったのですがハイリターンを求めて「100%」に変更しています。
2)の損切りについては設定していませんでしたが、今回はロボットが7.7%で損切りしていました。

取引量については、今までの取引が全て成功だったので変更したのですが、今回の損失で反省。
クオレアのお勧めの45%に戻しました。

損切りは、ロボットにお任せでも適正値の5〜15%の間の7.7%だったので、このままでよさそう。
ただ、万一ロボットが動かなかった場合に備えて、15%に設定しておきました。

どちらもログイン後Topページの「取引量/損切設定」から設定できます。

 

まとめ

クオレアを使い始めて1週間。
ロボットも相場の急落は回避できず、ついに始めて損失を出しました。
その後、1回取引に成功して勝率75%としたものの、1回の損失額が大きくトータルリターンは▲5%。

クオレアのロボットもさすがに市場の急落を避けることまではできないと分かったので、取引量(1取引あたりの資金投入比率)をクオレアおすすめの値に戻しました。

相場とロボットの動きを楽しみに見守りたいと思います。

この日以外の運用結果はこちらにまとめています。
【随時更新】運用実績まとめ:投資ロボットのクオレアは相場を読み切れるか!?

 

QUOREA(クオレア)は、無料の登録をすれば、ロボットの売買アドバイスを見ることができるので、とりあえず登録してみるのもアリ。

 

 

クオレアの基本情報(サービス内容・評判・運営会社・安全性・かかる費用・儲かるか・どんな手続きが必要か)についてはこちらの記事をどうぞ。
【完全版】上級者のノウハウで仮想通貨を自動取引。QUOREA(クオレア)の特徴と評判!

ABOUT ME
ねなとう
ねなとう
「寝ながら投資」時間を取れない家庭もち・勤め人に最適な、極力手間を掛けない資産運用を追求中。 ロボアドバイザー、インデックス投信積立て、仮想通貨自動売買、外国株式、テーマ投信などで運用しています。