マネーフォワードでCMS(コムサトークン)が管理できるようになった!!

      2018/03/15


マネーフォワードを使って、運用資産の管理をしています。いろんな金融機関の残高をまとめて管理できるので、重宝しています。
仮想通貨や外貨を持っていたとしても、日本円に換算して表示してくれるので、元手からどれくらい増減したか、ひと目で分かるんです。

私の場合、三井住友銀行、マネックス証券、SMBC日興証券、SBI証券、大和証券、WealthNavi、THEO、CoinCheck、Zaifで持っている資産を管理しています。

分散した資産の把握にはマネーフォワードが最高と感じた理由

 

ただこれまで残念だったのは、テックビューロ社のCOMSAプロジェクトで発行されたトークン「CMS」を、Zaifの口座で保有しているのですが、それが反映されないこと。
マネーフォワードではZaifのコムサは反映されない、残念
その中でこんなことを書いていました。
『マネーフォワード大好きなので、ぜひZaifのCMSの自動反映に早く対応してもらいたいな。』

 

それが2017年12月29日、マネーフォワードを開くと数十万資産が増えている!
よく見ると、ZaifのCMSが反映されていました!

 

CMSにはNEMベースとイーサリアムベースの2種類があり、NEMベースはMOSAICと呼ばれるため、その表示になっています。
COMSAトークン(CMS)は2種類に。MOSAICとERC20どっちを選ぶ?

 

これまでは、CMSの資産額をこんな感じ↓で手作業で管理していました。
マネーフォワードで自動反映されないお金を管理する

この手作業が必要なくなり、本当に管理が楽になりました。
地道に対応を進めてくださるマネーフォワードさん、感謝しております。

 

マネーフォワードでの資産管理はかなり便利なので、まだ使っていない方はぜひ!

 

こちらの記事もおススメ:

マネーフォワードを快適に使うためにSBI証券のハイブリッド預金連携を外す方法を探した

マネーフォワードで資産をグループ化して管理する

マネーフォワードで自動反映されないお金を管理する

CoinCheck、マネックス証券を使っているなら、マネーフォワードから見たほうが分かりやすい

分散した資産の把握にはマネーフォワードが最高と感じた理由