IPO初心者が押さえておきたい2つの基本ポイント

      2018/03/15


IPO・新規株式上場にチャレンジ始めて1か月。4つの証券会社から、14本のIPOに応募して、当選は1回だけでした。しかもその1回も公募価格割れしそうなので、購入辞退。

結果を見ると惨敗です。

それでもこれからも積極的に応募していきたいと思っています。

それはなぜか?またどうしたら成績が改善するか、考えてみます。

 

なぜIPOにチャレンジし続けるのか

落選ばかりなのに、なぜ応募し続けるのか。
ひとことで言うと、IPOは超ローリスクでハイリターンな投資方法だからです。

ちなみに私は証券会社の回し者ではありません(笑)

唯一のリスクは「公募価格恐れ」。ただ件数は少なく2015年9%、2016年18%。さらに、「やさしいIPOのはじめ方」などの格付けを参考にすれば、公募割れ案件は避けられるはず。

リターンについては、よく知られているとおりです。最近の日経新聞の記事でも取り上げられていました。公募価格の数十%オーバーはよく聞きますが、6.2倍とは!

日経新聞|IPOラッシュは本物か 高齢化など課題解決型に注目 

 「まさかここまで上昇するとは」。IPO株投資を手掛ける都内在住の桑田正信さん(40代、仮名)は1日、ジャスダック市場に上場して3日目で初値を付けたトレードワークスの株価に息をのんだ。初値は公開価格の6.2倍となる1万3600円。同社は外国為替証拠金(FX)向けシステムなどの開発会社。今後、仮想通貨向けに参入する方針が市場の関心を誘ったようだ。

 

当選数を上げるための戦略

「数」と「質」の観点から当選を増やす戦術を考えます。

 

申込む証券会社の数を増やす

IPOには複数の証券口座から申込むことができるため、物理的に申込み口数を上げることで当選確率を上げる。基本ですね。

加えて、その証券会社がIPOの主幹事なら、割り当てられる株の配分がかなり多くなります。下記は2017年9月に上場した「マネーフォワード」社の場合です。共同主幹事の2社で92%を占めています。

証券会社名 割当率 割当本数
共同主幹事 SMBC日興証券 73.67% 18,777本
マネックス証券 18.09% 4,610本
幹事 SBI証券 5.39% 1,375本
みずほ証券 0.95% 242本
東海東京証券 0.95% 242本
静銀ティーエム証券 0.63% 161本
いちよし証券 0.31% 80本

 

以上から、私は「IPO取扱い件数が多く」「主幹事の件数も多い」4社に口座を作りました。

IPO申込みのための証券会社比較(SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、大和証券)

 

特定の証券会社の仕組みを活かす

SBI証券には「IPOチャレンジポイント」なる仕組みがあります。

外れると1ポイントもらえ、ポイントがたまると通常枠とは別の抽選枠に申し込めるというもの。チャレンジポイントの枠は完全にポイントが高い順に選ばれるため、外れ続けていればいつかは必ず当選できることになります。

なおチャレンジポイントを使っても購入できなかった場合、ポイントは戻るそうなので安心。

ただし、当選のボーダーラインは100〜300ポイントとかなりの数!

IPOのラッシュだった2017年12月のSBI証券での取扱数は21件なので、1年程度はコツコツポイントをためる必要があります。

幸い、SBI証券は、同じ資金で複数のIPOに申し込めるため、とにかく申込む。公募割れの可能性がある案件にも、とにかく申込みをし、もし当選してしまったら辞退(まだないけど)、という戦法で行こうと思います。

なお、大和証券にも「チャンス当選」という制度がありますが、まだ使ったことがありません。こちらは

 

こちらの記事で、主要4社で、複数応募が可能か、資金が少なくても当選のチャンスがあるか、などをまとめています。

IPO申込みのための証券会社比較(SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、大和証券)

またIPOのスケジュール管理ができる神アプリを紹介しています。

IPO申込みを管理できるアプリ「やさしいIPO株のはじめ方」は神アプリだと思う

 

まとめ

2017年12月は、前年比+9社の23社が上場しIPOラッシュといわれました。来年もこの勢いは続くのか。

いずれにせよ私は、SBI証券をメインに4つの証券会社と、iPhoneアプリの「やさしいIPO株のはじめ方」を駆使しながら、IPOにトライし続けていこうと思っています。

しかしこの当たらなさは心が折れそうになるなぁ・・・

 

■この記事も読まれています

IPO申込みのための証券会社比較(SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、大和証券)

IPO申込みを管理できるアプリ「やさしいIPO株のはじめ方」は神アプリだと思う